ルーレットで「一流の勝負師達が持つ 危機回避能力」を発揮する方法

世の中には様々な勝負が存在し、その世界には必ず一流の勝負師が存在します。
一見すると、それぞれ異なるスタイルで勝負に挑んでいるように思えますが、「プロ」と呼ばれる一流の勝負師達も、高度な危機回避能力を備えています。

今回は「オンラインカジノのルーレットで『一流の勝負師達が持つ 危機回避能力』を発揮する方法」をご紹介します。
 
 

【危機回避ポイント1】惰性的なゲーム展開・リズムを避ける

【危機回避ポイント1】惰性的なゲーム展開・リズムを避ける

ルーレットを一定のベット金額で長時間プレイすると、ペイアウト率が間近に迫って来ることから「最終的には必ず負ける必敗法」と捉える勝負師も少なくありません。
 
ルーレットというのは 96 % 前後のペイアウト率であり、決して 100 % では無いため、勝負を長引かせれば、当然負けのリスクを高めることになります。
このリスクを回避するために「ベット金額を前後させ、短時間のプレイに徹する」プレイスタイルを採用した場合、逆にペイアウト率 100 % 超えも十分に狙えます。

例えば赤黒にベットすることで約 50 %で的中しますが、10 回程度のベットではどちらか一方に結果が偏ることも普通にあります。
しかし1,000 回・10,000 回と 回数を増やすことで「大数の法則」に従って、勝敗は少しづつ確率範囲内に安定していくようになります。
 
問題点:一定額のベットを長時間繰り返せば「負け」を引き寄せる結果に陥りやすい
回避策:ベット金額を前後させ、勝負回数を減らし、ペイアウト率の上昇を図る
 
 

【危機回避ポイント2】冷静沈着に「勝率」と向き合う

【危機回避ポイント2】冷静沈着に「勝率」と向き合う

ルーレットには最大 36 倍を狙えるストレートアップベットがあり、見事的中させれば一攫千金も決して夢ではありません。
 
ストレートアップベットとは、一つの数字に一点賭けする 36 倍配当のベット方法で、100ドルの賭けで 3,600 ドルの勝利金を狙えるチャンスがあります。
リターンは非常に大きいですが、的中率は約 2.7 %と極端に低い ため、一攫千金を狙ってベットし続ければ、損失を抱え込むリスクは大きく膨らみます。
 
ルーレットのようなカジノゲームをプレイする以上、一撃で大きく勝ちたい気持ちはよくわかりますが、これこそ必敗法です。
資金に潤沢な余裕のある ”ハイローラー” であれば、お金を湯水のように使う賭け方も「遊び」で済むかも知れませんが、一般の方が『一攫千金』を狙うのは得策ではありません。

問題点:高額配当に目が眩んでしまうが、的中率が 2.7 % と極端に低い
回避策:「配当」よりも「的中率」に着目し、最終的なトータル収支がプラス領域に入るようにペース配分する
 
 

【危機回避ポイント3】「損失回収」までの時間軸に余裕を持つ

俯瞰的な視野を持つ勝負師が好む ” ブラックジョーク ” に「ルーレットで負けた損失を取り戻そうと、追加ベットを繰り返せば、胴元の優良客になれる」という話があるそうですが、「狭い視野で 損失回収に取り組む姿勢」は、避けるべき必敗法の1つです。

ルーレットに限らず、ギャンブルを楽しんでいる方の中には「これだけ負けが続いているのだから、そろそろ反動で取り戻せるだろう」と賭けに没頭してしまうタイプも少なくありません。
一昔前のパチスロのように「天井に到達すれば高確率で何千枚放出する」といった根拠があれば話は別ですが、ルーレットに「天井」はありません。

ルーレットは負け続ければ青天井であり、どれだけ投資を繰り返しても、その分が必ず自分自身に戻ってくる確約や規定は存在しません。
この特性を踏まえ「損失を手早く取り戻そう」と考えるのではなく、「 〇ドル負けたら、追い銭せずに辞める」など、” 損失を深追いしないプレイスタイル ” を決めておくことが大切です。

問題点:ルーレットは青天井で、投資が必ず自分自身に戻ってくる確約や規定は存在しない
回避策:短期間の勝敗に執着せず、長期間で勝つプレイスタイルを確立する
 
 

【危機回避ポイント4】過去の出目から「ゲームの流れ」を読む

【危機回避ポイント4】過去の出目から「ゲームの流れ」を読む

ルーレットでは「過去数十ゲームの出目」を表示しており、「過去の出目を無視して、ベットし続けることは必敗法」とも言われていますが、「 ルーレットは 毎スピン完全確率 だから、過去の出目なんて当てにならないよ。そんなオカルト信じてるの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
確かにご指摘通り「過去の出目が、確率に必ず影響する」という盤石な証明は出来ません。

しかし、バカラの「過去数ゲームの中で作られた罫線」を見ると「2回連続でプレイヤーが勝ったゲームでは、3回目はバンカーが勝つ。さらにバンカーは3連勝以上は、勝たない」など、ひと目で読み取れる ” 流れ ” が確立しているのです。
 
ルーレットもバカラ同様、過去の出目から「出そうな数字」「出なさそうな数字」を予想することが可能なため「オカルト」だと一蹴せず、過去の出目を参考にすることも、ゲーム展開を有利に運ぶためには、必要な労力と言えるでしょう。

問題点:ルーレットは、毎スピン完全確率のため ” 出目 ” を読むのが難しい
回避策:「完全無敗の必勝法」は存在しないが、” 過去の出目 ” からゲームの流れを読み取り、勝率上昇を狙うことは可能
 
 

まとめ

今回は「オンラインカジノの ルーレットで『一流の勝負師達が持つ 危機回避能力』を発揮する方法」をご紹介させていただきました。

【主な 危機回避ポイント】としては「1.惰性的なゲーム展開・リズムを避ける」「2.配当よりも的中率に着目し、冷静沈着に勝率と向き合う」「3.短期間の勝敗に執着せず『損失回収』までの時間軸に余裕を持つ」「4.過去の出目から『ゲームの流れ』を読み、勝率上昇を狙う」以上の4点です。

普段何気なくプレイしていたゲームの中にも、「連敗」に繋がる「必負法と呼ばれる危険行為」が、幾重にも重なった状態で潜んでいます。

勝つことに貪欲な「プロ」と呼ばれる一流の勝負師達は、「負け」に繋がる危険行為の1つ1つを上手に回避していますが、そのコツを知り、有効に活用できれば「1プレイヤー」であっても勝利を掴む事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です