月別アーカイブ: 2017年12月

ライブゲームには注意が必要

過去のライブゲームではトラブルも

ライブゲームは10年前から導入されており、オンラインカジノが発展する途上に生まれました。初期のライブゲームはトラブルがかなり多いとされ、回線が切断し状況がわからなくなっていたこと、更には勝ち続けていると強制的に没収されてしまうなどの問題点が指摘されていました。現在では修正され、安心してプレイできるようになっています。

回線を突然切られることがあった

オンラインカジノは、ネットで接続していることでプレイできますが、ライブゲームは回線が切断されると、その時点でゲーム不成立となります。ユーザーがプレイできない状況となり、ディーラーは判断できないため不成立で、ゲーム自体は行われなかったと判定されます。お金は返してもらえますが、大きな的中が出たと思ったら、切られてしまうことがあったのです。
10年くらい前のライブゲームは、こうした当たったと思ったら切断されるケースが多々ありました。実際に切られてしまった方には、相当な利益を貰えるはずだったのに回線が切られてしまい、結果的に大きな利益を失っていることがありました。これらの問題はかなり指摘されたことで、現在のライブゲームでは行われなくなりました。

回収させるための動員が行われた

プレイヤーが勝ち続けていることは、オンラインカジノにとってマイナスになります。絶対にさせてはいけないと言われるくらい、プレイヤーを勝たせ続けるのはいいことではありません。そこでオンラインカジノ側は、回収させるための方法を使っていた時期がありました。これは別のユーザーが勝手に入って、ディーラー側を勝たせるために採用しているものです。
ユーザーは、こうした状況を見ることができず、事実上のイカサマをされていたことがあったのです。オンラインカジノのカメラが切り替わり、ゲームの状況を見づらくしている中で、20か21の数字を作るケースがありました。ブラックジャックでは、21に近いほうが勝てますが、20でもほぼ勝利することは可能です。回収するユーザーを無理矢理入れて、それからプレイさせて他のユーザーからも回収するようなことが多かったのです。
現在はこうした問題はできず、オンラインカジノは健全にプレイさせるための環境を整備しています。インチキとされていることが多くあったライブゲームも、徐々に勝ちやすいという評判が聞かれて、現在は無理をしなくてもいいゲームとなりました。

オンラインカジノでも賭け金が高くなる傾向

1ドル未満でもプレイできることは、オンラインカジノではメリットとして活用されています。ライブゲームでも同様の方法を採用することはありますが、最近は賭け金を高くする傾向にあり、比較的多くの金額を使う必要があります。多く使ってしまうことは、それだけ負担が増える可能性もあります。

25ドル以上の設定をする場合も

オンラインカジノが設定する賭け金は、最低限の数字と最大の数字が書かれています。最低の数字以上は使う必要があり、最大以上の賭け金は投入できません。オンラインカジノで用意されるゲームには、1ドルからプレイできるゲームも結構ありますが、ライブゲームに限っては25ドル以上の設定とすることが多いです。
これは人件費などの影響があるとされ、ディーラーとして仕事をする女性に支払いを多くする必要があるからです。従って多くの賭け金が使われることになり、1ドルからスタートするライブゲームはあまり無いです。25ドルは、比較的多くの金額を投入することとなりますので、当たらなければ損を繰り返して、結構お金がなくなっていることも多いです。

中には相当高いものもある

ベラジョンカジノでは、ブラックジャックごとに賭け金が変わっているので、その数字に気をつけることです。一番小さいものは1ドルでも問題ありませんが、一番高いものは50ドルも必要になってしまうので、1回でプレイするには大きすぎる金額です。1ドルでプレイできるルーレットを使えば、50回もプレイできることになりますから、ブラックジャックでここまで使ってしまうのは大きなことです。
提示されているレートは、変更することができません。ブラックジャックは高めに設定されることが多く、1ドルからプレイできるオンラインカジノはあまり無いのです。ライブゲームは、ブラックジャックをプレイする時だけ、お金の問題を頭に入れなければなりません。

安いゲームだけに集中する

ブラックジャックが苦手な方や、お金を使うことを避けたいと思っている方は、小さい賭け金でスタートできるゲームに専念します。ルーレットは1ドルからできますし、シックボーも1ドルから始められます。小さい金額で長く遊ぶことも、ライブゲームでは大事なことです。
もちろん賭け金が安いことは、他のユーザーから勝負をしていないように思われてしまいます。ただ高額な配当を狙って、小さい賭け金を入れているなら別の話で、勝負をしているように思われることもあります。