オンラインカジノの魅力

近年、市場規模が拡大し、日本でも普及しつつあるオンラインカジノ。
一体その魅力はどのようなところにあるのでしょうか。ペイアウト率が高いということや、と高額なボーナスがもらえるということで魅力を感じている人も多いようですが、実際のところ最も大きな魅力は、自宅のパソコンやスマートフォンを通じて本物のラスベガスのカジノにいるような体験をさせてくれるところだと思います。

お金を賭けてのオンラインカジノ

お金を賭けてカジノのゲームを遊ぶということ

日本で生活していると、カジノで遊ぶ機会はほとんどありません。日本という国は、法律でカジノを禁止しています。というよりも、カジノを含むすべてのギャンブルは違法であり、いわゆる「国営ギャンブル」である競馬や競輪、宝くじ、パチンコ、スロット以外の賭け事は全て法律違反になります。
例えば、友達と将棋を指して負けた方が片方に1000円支払う、というルールでゲームをすれば、それはもう賭博法違反になってしまいます。海外では、この法律が少しゆるい場合が多く、実際にカジノを運営している国に日本人が遊びに行けば、日本人でももちろんカジノをプレイすることができます。
日本人の方で実際にカジノに遊びに行ったことのある方は分かると思いますが、ブラックジャックやポーカーなどといったシンプルなカードゲームであっても、自分のお金を賭け、ラスベガスなどのカジノの雰囲気の中で、目の前にディーラーが立った状態で行うゲームというのは、家で行うトランプゲームとは全くの別物になります。
この面白さや深さにはまり込んで抜け出ることができなくなる人は、非常に多いです。ルールがシンプルであればシンプルであるほど、ギャンブルには中毒性が生まれ、バカラなどの、ほとんど2分の1の確率で勝負が決まるというゲームに、何百万円、何千万円、さらには何億円といったお金を溶かしてしまう人がいます。しかし、日本国内にいる限り、基本的にその体験をすることはこれまでできませんでした。

オンラインカジノのラスベガス

自宅がラスベガスになる

しかし、オンラインカジノが普及したことによって、手軽に自宅のパソコンの画面がカジノの映像を映し出し、そこに集中することで、あたかも本当にラスベガスにいるような雰囲気を味わうことができます。最近ではライブゲームと言って、単なるコンピュータグラフィックのプログラムされたゲームではなく、テレビ電話の要領で目の前のディーラーが実際にカードを配り、ゲームを進めてくれるというタイプのオンラインカジノもあります。
チャット機能を使ってディーラーと会話することも可能ですので、わざわざ海外旅行に行ってカジノで遊ばなくても、手軽にパソコンやスマートフォンを使ってカジノの雰囲気を自宅で味わうことができるのです。

これまで日本ではカジノのゲームを本格的なルールで遊ぼうと思えば海外に行くしかありませんでした。しかし、オンラインカジノが普及したことによって、日本国内にいながらにして本格的なカジノゲームを、プレイすることができるようになったのです。