カジノカフェとオンラインカジノの違い

カジノカフェの背景

京都のカジノカフェが摘発された事件

京都の河原町の雑居ビル内にあるインターネットカフェが、2006年の2月に摘発されました。
逮捕の理由となった罪状は、店員が常習賭博罪、客が賭博罪です。
何が起きたのかというと、その店は「オンラインライブゲームカフェ」という看板を掲げ、内部では全てのパソコンをオンラインカジノに接続し、客にギャンブルを楽しませていました。
客は1ポイントを100円で購入し、そのポイントをカジノでBETしていました。そして、負けた客はそのまま帰り、勝った客はポイントをお金に換金し、帰りました。店側は、フィリピンのサーバー上にあるビッグジョイカジノというカジノと提携し、このカジノカフェ(インカジ)を経営していました。
そして、2006年2月にこの京都のカジノカフェは摘発を受けました。店員2名と、客も逮捕されたそうです。店員は常習賭博罪、客は賭博罪での逮捕です。このような事件が起こると、「オンラインカジノで遊ぶのは逮捕されるような危険な行為なのではないか」と考える人が多いと思いますが、一概にそうは言い切れません。

オンラインカジノに罪はない

オンラインカジノ自体が無傷な理由

警察は、オンラインカジノで遊ぶ一般人や、オンラインカジノ利用してお金を稼ごうとするインカジの経営者などを捕まえようとしますが、肝心のオンラインカジノそれ自体には手を出そうとしません。それはなぜなのでしょうか。
実は、オンラインカジノというのは、そのほとんどが海外の「オンラインカジノに貸している国」のサーバー上に存在しています。そのため、日本の国家権力である警察は海外の領域には手を出せないのです。
そのため、警察は自分たちの手の届く範囲で問題を解決しようとしています。その結果が2006年のカジノカフェの摘発です。上記の京都の事件を皮切りに、全国的にカジノカフェの摘発が始まりました。多くのカジノカフェが提携していたのがフィリピンに存在している「ビッグジョイカジノ」だったといわれています。
警察の力が海外に及ばないということは、日本人がそのオンラインカジノをプレイする場合にも、オンラインカジノが置かれているサーバーが海外に存在し、お金のやり取りも海外の決済会社を通じて行えば、逮捕される可能性は非常に低いと言えるでしょう。
現にそうやってプレイしている利用客の間で逮捕された人ほとんどいません。一部、目立ちすぎた客が逮捕された例はありますが、かなり特殊なパターンです。そのため、個人が海外のサーバーをけしてオンラインカジノ楽しむ場合の危険性はかなり低いです。しかし、万が一のことはありますので、その部分は自己責任でと言うしかありません。