投稿者「stpaulsalumni」のアーカイブ

オンラインカジノで使えるモンテカルロ法

オンラインカジノで使えるモンテカルロ法

カジノには古来から、様々な攻略法が開発されてきました。
これらの攻略法は、当然オンラインカジノでも利用できるものが多くあります。

今回紹介するモンテカルロ法も、その1つです。
このモンテカルロ法は、もともと高度な暗記能力を要求されるプロのギャンブラーの攻略法でした。
しかし、オンラインカジノでは、メモが使用できるため初心者でもすぐに実践できる有効な攻略法として知られるようになりました。

モンテカルロ法は、どのようなものなのかを紹介し、パターン別の方法についても解説します。
これを読めば、きっとオンラインカジノでも使えるモンテカルロ法が分かるのではないでしょうか。

それでは紹介していきましょう。

オンラインカジノでも気軽に使えるモンテカルロ法とは

オンラインカジノでも気軽に使えるモンテカルロ法とは

オンラインカジノで気軽に使えるモンテカルロ法とは、一言で言えば数字をメモに書いていき、勝負のたびに数字を消したり足したりしてベットする金額を決める方法です。
具体的には、メモに1.2.3と書き、両端の数を足した金額(この場合は4)をベットします。

そして勝ったら数字を消して、負けたら直前にベットした金額(この場合は4)を足して、次のゲームに臨むというものです。
このベットの金額で勝つことによって、負けた分を回収して利益が出せるという攻略法になります。

少ない出費で負けた金額を回収し、利益を上げられることから、非常に効率のいい攻略法として知られています。

モンテカルロ法の名前も、モンテカルロ(フランス南部にあるモナコ公国の街)にあるカジノをモンテカルロ法で潰した事が由来です。

それだけ破壊力のある攻略法なので、オンラインカジノで使えることはとても意義があります。
ただし、このモンテカルロ法には弱点もあり、それはベットの倍率が2倍または3倍のゲームにしか使えないということです。

これは、ベットする倍率がこれらのいずれかでないと、うまく適切な金額が割り出せないことになります。
そのため、対応しているゲームはルーレットやブラックジャックなどクラシカルなゲームであり、スロットマシンやカードゲームのポーカーには使えません。

そんなモンテカルロ法は、加えて2倍の倍率のゲーム用と3倍の倍率のゲーム用とで分かれているのも特徴です。
次の項目で、それらの方法について解説していきましょう。

オンラインカジノの2倍の倍率のゲームに使うモンテカルロ法

2倍の倍率で使うオンラインカジノのモンテカルロ法は、勝った場合に数字を消す際に両端の1つずつを消すというのが特徴です。
具体的に初回でいきなり勝った場合の消し方、1回負けて次で勝った場合の消し方、そして2回負けて3回目で勝った場合の消し方を紹介しましょう。

最初にメモに1.2.3と書き、これは2倍でも3倍でも共通しています。

まず、1回負けて次で勝った場合は、1と3を消しましょう。
すると2だけになり、この場合両端となる数字がないので最初から1.2.3と書いてやり直します。

次に1回負けて次で勝った場合、これは最初にベットした金額4をメモに書いて1.2.3.4とします。
そして、両端である1と4を足して5(ドルなら5ドル)の金額をベットしましょう。

勝ったら、1と4とを「1つずつ」消して2.3とします。
そして次のゲームでは2と3を足した5で勝負に臨みます。

ちなみに2倍ゲームでは勝ったら、両端の数字を1つずつ消すのがポイントです。

最後に2回負けて3回目で勝った場合の消し方を紹介しましょう。
1.2.3と記載し、負けたら1.2.3.4と書きます。

そして5の金額をベットし、負けたら1.2.3.4.5と追加します。
両端の数字を合計した6の金額でベットし、勝ったら1と5を決して、次の勝負では残った数字の両端2と4を足した6の金額で勝負しましょう。
補足として、ここで勝ったら数字が1つだけになるので終わり、負けてしまった場合は6を追加し、2.3.4.6として2と6を足した8で勝負します。

お気づきかもしれませんが、負ければ負けるほどベットする金額も増えるので、オンラインカジノでモンテカルロ法を使う場合、ある程度余裕を持った資金で勝負するのがおすすめです。

3倍の倍率のゲームにも使えるオンラインカジノのモンテカルロ法

3倍の倍率のゲームにも使えるオンラインカジノのモンテカルロ法

3倍の倍率の場合は、勝った時に消す数字が両端2つになります。
これが大きな違いで、その理由は勝った時の配当金の金額が2倍のゲームよりも大きいことが挙げられます。

そんな3倍の倍率のゲームの初回でいきなり勝った場合の消し方、1回負けて次で勝った場合の消し方、そして2回負けて3回目で勝った場合の消し方も紹介しましょう。

最初に1.2.3と記載し、1と3を足して4をベットします。
そして初回で勝てば、すべての数字が消せるので最初に戻るという流れです。

1回負けて次で勝った場合は、4をベットして負けたので1.2.3.4と記載しましょう。
そして1と4を足した5の金額でベットします。
この勝負に勝てば、両端2つの数字(1.2と3.4、つまりすべての数)が消せるので終わりになります。

最後の2回負けて3回目で勝った場合は、最初の負けで4が追加され、5の金額で勝負して更に負けたので、1.2.3.4.「5」と記載しましょう。
次に1と5を足した6の金額で勝負し、勝ったら両端二つの数字、1と2、4と5を消します。

ここで数字が3のみとなり、両端の数字がなくなるので終わりです。

このように連敗しても、すぐに取り返せるという形になります。
プロは、この流れを頭の中で行いますが、オンラインカジノではメモが使えるので、モンテカルロ法を使う時は、メモを用意して対応しましょう。

ビデオポーカーで一攫千金が狙える

ビデオポーカーは一攫千金が狙える
ビデオポーカーは対戦相手がいないのが特徴で、事前にベットしたチップと出来上がった役で配当が決まります。
機種によってダブルアップという倍のチップを受け取れるチャレンジに進むことが可能で、ダブルアップを中心に稼ぐ人もいます。
勝率の高い遊び方が確立されているゲームでもあり、人気の理由にもなっています。

賭けたチップとポーカーの役で配当が決まる

ビデオポーカーは複数の人と遊び、役が強い人が勝利する通常のポーカーとは異なります。
それぞれの役は強さに応じて倍率が設定されていて、役が出れば賭けたチップに役の倍率を賭けた分が獲得できます。

たとえば、同じ数字のペアがあるツーペアの場合は2倍になっていて、同じ数字のカードが3枚のスリーカードの場合は3倍といった具合です。
1ドルをベットしてツーペアが出た場合は2ドルの払い戻し、スリーカードが出たら3ドルを獲得できます。
手札は1回だけ交換できるのが一般的で、交換したくないカードをホールドし、それ以外のカードを交換することが可能です。

ロイヤルストレートフラッシュなど滅多に出ない役の場合は数百倍のチップを獲得できるケースもあり、一攫千金のチャンスになっています。
また、ダブルアップを利用してチップを増やしていくことも一般的になっています。

ダブルアップを使えば一気に獲得チップが増えることがある

ダブルアップは名前の通りチップを倍にするチャンスがあるゲームです。
一般的なのは、仮想のディーラーがデッキ(トランプの山札)から1枚カードを引き、次のカードの数字がより高いものか、低いものか当てる「ハイ&ロー」です。

ビデオポーカーの種類により、複数のカードから選んで当てるもの、次の山札から出たカードを当てるものにわかれます。
他にも、トランプの絵を赤と黒にわけ、次のカードが赤か黒かを当てる「レッド&ブラック」が存在します。

レッド&ブラックのバリエーションとして、トランプのスートを当てるものも存在するのも特徴です。
スペード、ダイヤ、ハート、クラブの4つのスートからカードを当てることになるため、確率は4分の1になります。

当然、配当も4倍になるため、ハイリスクハイリターンなビデオポーカーを遊びたい場合はスートで選べるものを選択するのがおすすめです。

様々なアレンジポーカーがあるのも特徴

様々なアレンジポーカーがあるのも特徴
ビデオポーカーは歴史が古く、1970年代から存在すると言われています。
もちろん、オーソドックスなビデオポーカーがある一方で、様々なアレンジを加えたビデオポーカーも誕生しています。

一般的なポーカーに飽きてしまった場合や、もっと勝率を上げたい場合はアレンジポーカーを選択してみるのも方法です。
たとえば、ビデオポーカーの中にはマルチハンドのものが存在します。

シングルハンドの場合は一般的な5枚1セットで行うビデオポーカーですが、マルチハンドのポーカーは複数のセットを一度で遊ぶことができます。
マルチハンドをどれだけの数にするか設定できるビデオポーカーも存在し、100セット同時に設定できるものが存在するほどです。
ダブルアップなどを無視して、純粋にポーカーを遊びたい場合はハンド数が多いビデオポーカーを選ぶのも方法です。

また、ワンペアは配当がないのが一般的ですが、ジャック以上のカードでワンペアができた場合は1倍の配当が貰える機種なども存在します。
ダブルアップに進めるチャンスも増えるため、ダブルアップ中心で稼ぎたい場合は少しでも配当が貰える役が多い機種を選ぶのがおすすめです。

ワイルドカードの有り無しとジャックポットにも注目

オンラインカジノポーカーには、ワイルドカードがあるもの、ジャックポットがあるもので分けることもできます。
ワイルドカードはジョーカーに代表されるように他の数字やスートなど、好きなカードに割り振れるカードのことです。

ジョーカーの存在により、ファイブカードの役が存在するビデオポーカーもあります。
また、ジョーカーのかわりに数字の「2」がワイルドカードになるなど独自の調整を行っているケースもあります。

ジャックポットの有り無しも注目のポイントです。
ビデオポーカーのジャックポットは、ロイヤルストレートフラッシュが出たときにそれまで蓄積されたチップが一気に払い戻される仕組みです。

オンラインスロットのような超高額の配当が発生する可能性がありますが、一定額以上ベットをしないとジャックポットの権利自体が貰えない機種も存在します。
ビデオポーカーを遊ぶ場合は、前提として確認しておくのがおすすめです。

遊び方はシンプルでもバリエーションが多いのがビデオポーカー

ビデオポーカーは様々なアレンジが行われていて、バリエーションも豊富になっています。
ジョーカーの有り無し、ジャックポットの有り無し、役やダブルアップの仕組みなどそれぞれの機種で特徴があるのです。

ジャックポットで一攫千金を狙えるビデオポーカーも存在するため、遊ぶ場合は候補に入れて見るのもおすすめです。
遊び方はシンプルでもバリエーションが多いのがビデオポーカー

シンプルカジノの総評

シンプルカジノの良さは、カジ旅と同様に通常のノードよりも高速でスロットを回せるブリッツモードを搭載している点です。
特に次の2種類の機種(Vampires Gone WildとSlot彼女)は、ブリッツモードの中でもさらに高速で回すことができます。
また、リベートボーナス機能があるため、長期的に負けなしで回すことができれば、最終的に収支をプラスにすることが可能となっています。
ですので、今回は、リベートボーナスと、キャンペーンを併用しながらシンプルカジノで立ち回る方法を紹介していきます。

リベートボーナスの理解

リベートボーナスの理解
シンプルカジノでは、リベートボーナスの定義をいくつか定義していますが、本記事では重要な項目を抜粋しています。

・週に1度、1週間の賭け金合計の0.5%(アカウントによっては、0.5%以上)が自動的にアカウントへ送呈
・リベートボーナスマネーには出金条件が付帯し、獲得額の1倍の賭けが必要

上記の条件に加えて、スロットのリベートボーナスの付与率は100%、ルーレットやブラックジャック 等が10%となっています。
したがって、ルーレットに100ドルを掛けても、100×0.05=0.1となり、0.05ドルほどのリベートボーナスしか手に入れることができません。
スロットの場合で考えると、1ドルを掛けてmoon princesを100回回した場合、100×0.5なので、0.5ドルほどとなります。
どちらも少ないと感じますが、期待値的に、考えると後者の方が高いので、スロットをできる限り回しながらキャンペーンと併用しながら戦略的に立ち回れば、プラス収支になりやすくなります(ルーレットやブラックジャック を戦略的にプレイすると前者も悪くありませんが、今回はその部分は省かせていただきます)。

シンプルカジノのキャンペーンの理解

シンプルカジノは、登録しているユーザにいろいろなキャンペーンを通知していますが、今回は、実際に受け取った事例から紹介していきます。
リベートボーナスの理解

・急なキャンペーン告知
2020年の現段階では、「今すぐ入金」から$100を一括入金して〇〇の200フリースピンGET!$50入金なら100フリースピンGET!などのフリースピンを得ることができます。

したがって、100ドル入金すれば、200回ほどのフリースピンを得ることができ、これをボーナスにすると、うまくいけば100ドルほどのボーナスを手に入れることができます。
ただ、シンプルカジノのボーナス消化の利用規約を必ず理解して、ボーナス消化をしていかなければなりません。
本記事では、ボーナス消化のための重要項目をまとめました。

・フリースピンでの獲得金はボーナスマネーとなり20倍の賭け条件が付きます

・ボーナスマネーが含まれる賭けの、最大許容賭け金は$5となります

・$5を超える高額賭け金での勝利は除去されます

上記の20倍の賭け条件は、他のオンラインカジノ配信サイトと比べてかなり賭け条件が優しい設定となっています。
この点を踏まえて、シンプルカジノは、ボーナスをキャッシュにしやすいオンラインカジノ配信サイトとなっています。
ただ、ライブカジノのように、賭け条件の最大が設定されていない配信サイトと違って、最大掛け金が決まっています。
ボーナス消化の場合、最大5ドルまでとなっています。
したがって、100ドルのボーナスを得て、全てをルーレットに賭けることはできません。
ただ、スロットで5ドルを賭けることができるため、(1) Rise of olympus や(2)Moon Princesのような 50~300倍は配当が出やすいスロットで掛け金を5ドルで回すことができるため、100ドルのボーナスが、一撃で1000ドルを超えるようなことがあり、運が良ければキャッシュで500ドル以上を出金することができます。

シンプルカジノの立ち回り

上記のリベートボーナスとキャンペーンを踏まえて、立ち回り方法としては基本、スロットを回しながらキャンペーンをうまく利用し、ecopayなどに出金を繰り返して立ち回るのが無難だと思います。
シンプルカジノは、キャンペーンが毎週行われているようで、フリースピンを手に入れることがたくさんあり、ボーナスを消化する機会が多いように感じ取れます。
ですので、焦って、ルーレットなどに全ツッパせずに、負けても我慢強く長期的に戦略を考えて打ち込めば、比較的に勝ちやすいオンラインカジノとなっています。

シンプルカジノのおすすめ台

シンプルカジノのおすすめ台
シンプルカジノは、Golden Hero GamesのHawaiian Dream Xmasを提供しており、従来のHawaiian Dreamとは違って連チャン率が高い台となっています。
ですので、一撃性が高く、経験上300~500倍配当も夢ではありません。
ただ、ハマる場合は、300ゲーム以上が頻繁にきますので、注意が必要です。
また、コイン持ちが悪いので、一撃性を考えてボーナスをキャッシュに替えるには、リスクを取って挑戦することをおすすめします。
また、Jammin Jarsも一撃性が高く、1000倍配当も頻繁に出ているので、リスクを考えながら、立ち回っていくことをおすすめします。

オンラインカジノは本当に勝てるのか

ギャンブルの中で、抜群の知名度と人気を誇っているオンラインカジノ。
24時間365日稼働しているネットギャンブルで、いつでも何処からでも参加してプレイすることができることから、世界に数千万人ものプレイヤーが熱い視線を注いでいます。
その理由は他のギャンブルと比べて、「勝てる」と言われているからです。
そこでこの記事では、本当にオンラインカジノで勝てるのかを考えて行くことにします。

他のギャンブルより高いペイアウト率

他のギャンブルより高いペイアウト率
オンラインカジノが勝てる・稼げると言われているのは、他のギャンブルと比べてペイアウト率がとても高いことにあります。
そのために、オンラインカジノは、競馬や競輪、パチンコよりも勝てると言われています。
ペイアウト率とは、プレイヤーの賭け金総額に対する配当金の戻り額の比率のことで、オンラインカジノの場合、かなり高いレベルになっています。

ペイアウト率90%台を出すオンラインカジノ

競馬や競輪等の公営ギャンブルでは、75%~80%と言われているのですが、オンラインカジノのペイアウト率は95%~98%となっています。

しかも、カジノゲームには、ブラックジャックやバカラやポーカー、ルーレット等様々なカジノゲームがあり、その平均値がこのレベルなのです。
もし、ポーカーのペイアウト率が95%であれば、10,000円を賭けると、ゲームに勝つことで、9500円の配当金がもらえることになります。

但し、この率は平均値なので、勝つプレイヤーもいれば、負けるプレイヤーもいます。
そのためにペイアウト率が低いゲームより、高いゲームを選ぶことが、オンラインカジノで勝つためのポイントの1つになります。

特にブラックジャックは、ゲームの攻め方によっては、99%以上のペイアウト率を出すことも珍しくはありません。
このように90%台のキャンブルは、日本で行われているギャンブルの中では見ることができないレベルなのです。

そのために、オンラインカジノが勝てると言われたり、稼げるという認識があるわけです。

オンラインカジノで勝つためには攻略法が必須

オンラインカジノで勝つためには攻略法が必須
高いペイアウト率を誇るオンラインカジノ。

しかし、いくらペイアウトが高いとは言え、勝ち続けて負けることか全くないわけではありません。
勝つ人もいれば、負ける人がいることも事実。
オンラインカジノで勝ち続けている人でも、そのプレイヤーの人達が100戦100勝となっているわけではありません。
では、どのようにして勝てるようにしているのでしょうか?

それはオンラインカジノのゲームに合わせた攻略法を駆使することです。
実際にオンラインカジノで高い勝率を維持しているプレイヤーは、攻略法(ベッティングシステム)を用いています。

ただ、ベッティングシステムは、必勝法ではありません。
あくまで、カジノゲームで勝率を限りなく上げていく手段であり、数あるベッティングシステムをゲームの流れに合わせて、プレイヤーが使い分けたり、変化させることで、その人ならではの必勝法を確立しているのです。

この攻略法としては、ブラックジャックのベッティングシステムが有名です。
オンラインカジノで手堅く勝てるようにするためには、ブラックジャックが最適も言われる程です。
そのベッティングシステムは、「ベーシックストラテジー」と「カウンティング」という攻略法です。
この方法を取り入れることで、ブラックジャックのペイアウト率が限りなく100%近くまで高めることができるこです。

他にも勝てる攻略法

ブラックジャックでベーシックストラテジーやカウンティングを用いることで、初心者でもかなり稼げるチャンスが生まれてきます。
この他にも、ルーレットで色々なベーシックシステムが確立されています。
代表的な攻略法の中には、次のようなテクニックがあります。

ココモ法
ココモ法は、ルーレットの攻略法の中で、とても有名な手法です。
具体的には、配当金の倍率が3倍になる賭け方で使うと効果があります。
ココモ法は、3回目のゲームから賭ける金額を変えていきます。
3回まで賭け金を変えないことで敗けが続くと損失金額を減らすことが可能です。
賭け方は2連敗した後から開始して、前回の賭け金と前々回の賭け金合計が、新たな賭け金となります。

フラワーベット法
フラワーベット法は、ルーレットのインサイドベットエリアで賭けた場合に有効なる攻略法です。
ルーレットテーブルの1~36までの数字の中から1つの数字を選び、その数字を中心にして囲むように8ヶ所にチップを置いてベットしていく攻め方です。

この他にも、負けた後のゲームでベット額を2倍にして負け分を取り戻すマーチンゲール法やベアビック法やモンテカルロ法、パーレー法等があります。

稼げる秘訣は勝負する時のルールを作っておくこと

稼げる秘訣は勝負する時のルールを作っておくこと
カジノゲームに合わせたベッティングシステムでペイアウト率を高めたとしても、100%勝ち続けるわけではありません。
オンラインカジノでプレイする時に大切なことは、勝ちと負けの収支状況(黒字・赤字)を常に把握しておき、トータル的に結果的に勝っているかどうかを掴んでおくことです。

前述したココモ法は、勝つまで連敗が多ければそれだけ、この攻め方が成功した時の配当金が大きくなります。
その一方で3倍配当のゲームで使うということは、逆に勝てる確率が低くなります。

そのためにベッティングシステムでも、ゲームの流れを睨みながら、色々な方法を組み合わせて、トータル的な勝率を上げています。
このようにオンラインカジノで勝ち続けている人は、勝負のルールを決めているのです。

勝てる・稼げるためのルール

オンラインカジノで勝てて稼げるようになるためには、次のような観点でルール決めをしておくことが必要です。

●ゲームで勝負する時間・期間を明確に決めておく
●どのゲームで勝負するかを決めておく
●ゲームの流れに沿ったベッティングシステムを使う
●賭け金の額を常に把握しておく
●ベット額の上限額を決めておく
●どこで利益を確定させて、ゲームの終了タイミングを決める
●損した場合の切り上げタイミングを決めておく
●勝負の記録を残し、振り返りをすること
●次回のゲームでプレイする時までに仮説を立てて、実行と検証を繰り返すこと

このようなポイントを整理してゲームに臨むようにしておくことが大切です。

まとめ

オンラインカジノで勝てる・稼げる攻め方でも、100%の勝利を導くことはできません。
しかし、運任せのギャンブルにするのではなく、いかに勝率を高めて勝てるようにすることで、限りなく稼げるギャンブルになるのです。

ココモ法の特徴と実践例

マーチンゲール法の欠点を改善した攻略法

マーチンゲール法の欠点を改善した攻略法

オンラインカジノはカジノをオンラインに移したギャンブルであるため、カジノで使える攻略法を使用することができます。
カジノの攻略法としてもっともその名を知られているのがマーチンゲール法です。
マーチンゲール法は勝負に負けたらベット額を倍にするというシンプルな手法ながらも一度勝つだけで負けをすべて取り戻せるため、負け知らずの攻略法として知られています。
どれだけ連敗が続き損失が膨らんでいても、たった一度の勝利するだけで損失を解消できるというのは大変魅力的なのですが、万が一10連敗まで負けが続いてしまうとベット額は初回ゲーム時の1024倍にまで膨らんでしまいます。

1ドルからスタートしたとしても11ゲーム目では1024ドルもの高額をベットしなければなりませんので、負けが長く続く場合も考え資金に余裕を持たせておく必要があります。
また、各ゲームにはMAXベットが設定されているので、マーチンゲール法を使用している途中でMAXベットに到達してしまうと、そこでマーチンゲール法は終了となってしまうので、その後のゲームの行方次第で大きな損失を抱えてしまうことになりかねません。
ココモ法はこのマーチンゲール法の欠点というべき、連敗時のベット額の上昇を抑えながらも、一度の勝利でこれまでの損失を取り戻せるという魅力的な攻略法です。
しかも勝った時に得られる利益もマーチンゲール法よりも多く、連敗が続く度に勝利時に得られる利益も大きくなっていきます。
こうしたマーチンゲール法の改良版というべき攻略法であることから、ココモ法はカジノプレイヤーたちの間で人気の攻略法となっています。

3倍配当以上のゲームに使用することができる

マーチンゲール法は2倍配当のゲームにしか使用することができませんが、ココモ法は3倍配当以上のゲームに使用することができます。
特におすすめなのが3倍配当のゲームです。
3倍配当を得られるゲームと言えば、ルーレットの1-12、13-24、25-36のどれかにベットするダズンベット、表を縦三つに割ったカラムベットがそれに該当します。
ダズンベット、カラムベット共にルールは簡単でベットしたエリア内の数字が出たら勝ちとなります。
このようにルールもとてもわかりやすいので、ルーレット未経験の方でも不安を感じることなく使用することができるでしょう。

ココモ法の実践例

ココモ法の実践例

3倍配当のゲームに使用し、1ドルから始めた場合の実践例をご紹介します。

ココモ法を使用した際の最初のベット額は1ドルとなります。
負けるとトータル損益は-1ドルとなります。
勝つと損益は+2ドルとなります。

2回目のゲームのベット額も1ドルとなります。
負けるとトータル損益は-2ドルとなります。
勝つと損益は+1ドルとなります。

3回目からベット額は前回+前々回のベット額となります。
ですので3回目のゲームのベット額は2ドルとなります。
負けるとトータル損益は-4ドルとなります。
勝つと損益は+2ドルとなります。

4回目のゲームのベット額は3ドルとなります。
負けるとトータル損益は-7ドルとなります。
勝つと損益は+2ドルとなります。

5回目のゲームのベット額は5ドルとなります。
負けるとトータル損益は-12ドルとなります。
勝つと損益は+3ドルとなります。

6回目のゲームのベット額は8ドルとなります。
負けるとトータル損益は-20ドルとなります。
勝つと損益は+4ドルとなります。

7回目のゲームのベット額は13ドルとなります。
負けるとトータル損益は-33ドルとなります。
勝つと損益は+6ドルとなります。

8回目のゲームのベット額は21ドルとなります。
負けるとトータル損益は-54ドルとなります。
勝つと損益は+9ドルとなります。

9回目のゲームのベット額は34ドルとなります。
負けるとトータル損益は-88ドルとなります。
勝つと損益は+14ドルとなります。

10回目のゲームのベット額は55ドルとなります。
負けるとトータル損益は-143ドルとなります。
勝つと損益は+22ドルとなります。

ココモ法を使用する上での注意点

ココモ法を使用する上での注意点

3回目のゲーム以降は前回+前々回のゲームのベット額をベットすることになるのですが、単純な計算だからといって油断していると計算ミスを起こしてしまう可能性があります。
ココモ法はシステムベットといって、定められた規則に従いベットしていくことで利益を出せる攻略法です。
途中で一つでも計算を間違ってしまうとすべてが狂ってしまい利益へと結びつかなくなってしまいます。

こうした事態に陥ってしまわないようにココモ法を使用する際はメモを取りながら進めていくことをお勧めします。
メモを取りながら進めれば、1ドル、10ドルといったわかりやすい額ではなくてもスムーズに進めていくことができるでしょう。
そして、マーチンゲール法よりもベット額の上昇が緩やかだといっても、スタート時のベット額を大きくしてしまうと早い段階でMAXベットに到達してしまう可能性がありますので、ココモ法を使用する際は事前に何連敗するとMAXベットに到達してしまうのかをシミュレーションしておくようにしましょう。

エコペイズに登場した新しいサービスとは?

多くのオンラインカジノユーザーが活用している送金サービスといえばアイウォレットやエコペイズですが、エコペイズに関して、新機能が登場しました。

エコペイズに登場した新しいサービスとは

エコペイズといえば利便性が高かった「エコカード」(デビットカードのような特徴のカード)がEEA圏外では使えなくなったり、クレジットカードでの入金ができなくなるなど利便性の低下を懸念する声もありましたが、そんなエコペイズに2つの新機能が登場したのをご存知でしょうか?

日本の銀行へのローカル出金対応

これまでエコペイズを活用して出金する場合、基本的には国際送金に頼らざるを得ませんでした。
それでもオンラインカジノで生まれた利益を手にするためには致し方ないものでした。
日本でもエコカードが使えた時にはATMからの即時出金も可能でしたが、エコカードが使えなくなってしまってからは、国際送金のみに頼らざるを得ない状態となってしまった以上、致しかたないものでした。

しかし、この度日本の銀行で出金できるサービスが登場しました。
但し、出金額の1%が手数料となる点に加え、最低手数料が2,000円に設定されています。
20万円以上であれば1%となるのですが、20万円以下の出金の場合に於いても1度の出金で2,000円かかってしまいますので、少額で何度も出金するよりは、一度にまとめて出金した方が良いでしょう。

それでも、決してものすごく高い手数料ではありませんし、何より直接出金という選択肢ができた点は、国内のオンラインカジノユーザーにとってありがたことなのではないでしょうか。

エコバウチャーによる実質的なクレジットカード入金

もう一つ新たに登場したのが「エコバウチャー」と呼ばれるサービスです。
エコバウチャーを購入すると、PINコードが発行されます。
このPINコードはエコペイズに対応しているので、エコペイズの入金画面に入力することで入金を可能にするのですが、エコバウチャーはクレジットカードでの購入が可能です。

VISAやMasterといった国際ブランドだけではなく、JCBにも対応しています。
さらにPaypalやビットコインでの購入も可能なので、入金方法が多様化しました。
もちろんバウチャーを購入してからエコペイズに入金となるので多少手間がかかると考える人もいるかもしれませんが、それでも選択肢が増えた点や、それまでできなかったクレジットカードによる実質的な入金は、魅力的だと感じているユーザーも多いことでしょう。

エコバウチャーによる実質的なクレジットカード入金

なぜ新サービスを用意したのか

エコペイズが新サービスを用意した背景には、送金サービスの競争原理によるものであることが推測されます。
そもそも、送金サービスはオンラインカジノだけのためのものではありません。
国際間の送金を活用する手段として用いられているものですが、送金サービスにとって大きなライバルとされる存在が登場しました。

そうです、仮想通貨です。
ビットコイン等に代表される仮想通貨は、国際間の送金サービスも可能です。
むしろ仮想通貨を活用した方が送金サービスを活用するよりもスピーディーとの声もありますし、オンラインカジノにおいても仮想通貨の存在感が高まってきています。
仮想通貨での入金が可能なオンラインカジノもあれば、入金がビットコインのみというオンラインカジノも登場しています。
もちろんオンラインカジノだけではなく、各方面で「送金サービスを使うなら仮想通貨で」とする動きも出てきていますので、エコペイズとしてもユーザー獲得のために、より利便性の高いサービスの提供が求められたことは容易に想像できるのではないでしょうか。

しかし、このような新サービスの追加はユーザーにとっては選択肢が増えることなので、今後もエコペイズは更なる新しいサービスを用意してくれる可能性もあります。

今後のエコペイズの役割

今後のエコペイズの役割

今後、オンラインカジノユーザーにとってエコペイズに求められる役割はさらなる利便性の拡大であることは言うまでもありません。
例えば直接出金が可能になったとはいえ、まだまだ手数料は安いとは言えません。
しかし、今後競合の送金サービスとの争いによっては手数料が低下することも考えられますし、まだまだユーザーが考えていないような新しいサービスが登場する可能性もあります。
その点では今後、エコペイズがどのようなサービスを打ち出すのかは、オンラインカジノユーザーとしても注視しておくとよいでしょう。

最後に

エコペイズのおかげでオンラインカジノを快適に楽しめている一方で、エコペイズとしては競争原理の中で様々なサービスを打ち出す必要性が出てきています。
オンラインカジノユーザーにとってはエコペイズのライバルはアイウォレットだと考えがちですが、エコペイズにとってはオンラインカジノだけではなく、様々なジャンルでビジネスを行っています。
アイウォレット以外にも、様々なライバルに対抗するために、今後も新しいサービスが登場する可能性は高いです。

ベラジョンカジノが日本人から人気な理由

オンラインカジノは基本的に海外の業者が運営しているもので、日本人だけではなく、世界中のプレイヤーを対象にしたサービスですが、ベラジョンカジノに関しては日本人向けも囁かれています。
なぜ日本人向けとされているのか、特徴と共にリサーチしてみました。

ベラジョンカジノが日本人向けとされている理由

ベラジョンカジノが日本人向けとされている理由

ベラジョンカジノが日本人向け、あるいは日本人でも気軽に楽しめるとされている理由として、以下の2点が挙げられます。

銀行口座への直接送金が可能

一般的に、オンラインカジノを楽しむ際の入出金は、日本人ユーザーの場合送金サービスを活用します。
国内の金融機関からオンラインカジノのアカウントへの入金は不可能でした。
そのため、間に送金サービスを介すことで、アカウントへの入出金を可能にし、オンラインカジノの大きな魅力である高いペイアウトによる一攫千金で手にした大金を「手元」まで運ぶことが可能でした。
しかし、一方で送金サービスの存在をオンラインカジノのハードルの高さに挙げる人も珍しくありませんでした。
それもそのはず、日常生活の中で送金サービスを利用するシチュエーションは、なかなかありません。
海外にコネクションを持っている人、あるいは海外の企業と金銭の授受等のやり取りをしている人であれば話は別ですが、多くの人間にとって、送金サービスは「普段利用することのないサービス」ですので、「オンラインカジノを楽しむためには送金サービスに登録しなければならない」となった時、多くの方が「面倒」「それならいいや」となってしまうことも想像に難くありません。

しかし、ベラジョンカジノに関しては送金サービス不要で、ダイレクトに国内の銀行口座への出金を可能にしています。
送金サービスもまた、多々ありますので、「どの送金サービスを利用すればよいのか」に於いて悩まされる人も珍しくありませんでしたが、ベラジョンカジノであれば送金サービスそのものを利用する必要がなくなります。
また、入金に関しても近年はクレジットカードで入金できないオンラインカジノが増えています。
さらに、ヨーロッパでライセンスを取得しているオンラインカジノの場合、「EUエリア以外のクレジットカードは利用不可」といったように、地域による制限が科せられているケースも珍しくありませんが、ベラジョンカジノであればそれも関係ありません。
つまり、手軽に入出金が可能です。
さらに、1~2営業日での出金が可能なので、日本人プレイヤーにとってありがたい環境となっています。

ベラジョンカジノが日本人向けとされている理由

日本語対応サポートが用意されている

入出金に関してだけでもベラジョンカジノは日本人ユーザーにとってありがたいオンラインカジノですが、もう一点、ベラジョンカジノが「日本人向け」とされている特徴があります。
それは日本語サポートが用意されている点です。
しかも日本時間の11:00から24:00までライブチャットも用意されていますので、会話による質問も可能です。
オンラインカジノはそうそうトラブルやアクシデントが起きるものではありませんが、いざやもしもはいつ起こるかわかりません。
もしもですが、どうしてよいのか分からないことが起きた時、日本語に対応していないオンラインカジノの場合、まずは言葉を翻訳するなりしなければなりません。
その点、ベラジョンカジノであれば時間内であれば日本語で、ましてや文章としてではなくライブチャット、つまり会話にて質問できますので、日本人にとって安心感も高いのではないでしょうか。

利用者が多いからこそ情報を集めやすい

利用者が多いからこそ情報を集めやすい

ベラジョンカジノが日本人向けとされているのは、日本人のために遊びやすい環境を整えてくれているからこそです。
だからこそ、実際に遊んでいる日本人も多いのですが、日本人プレイヤーが多いからこそ、情報を集めやすい点もメリットです。
例えばオンラインカジノの口コミを集めようと思った時、日本語に対応していないオンラインカジノの場合、日本人ユーザーが少ないので、口コミも大抵が異国語。
口コミを調べるためには、どのような口コミなのか翻訳しなければなりません。
その点ベラジョンカジノであれば、日本人ユーザーが多いので、口コミを見つけようと思って少し調べると、日本人の口コミを多数見かけることになります。
つまり、同じ日本人が実際に遊んでどう感じたのかを簡単に調べられます。
まさに相乗効果がもたらすもので、実際に自分がベラジョンカジノで遊んだらどうなるのかを、口コミを集めること出イメージしやすいことでしょう。

まとめ

ベラジョンカジノが日本人向けのオンラインカジノとされているのは、確かな理由があることに気付いていただけたのではないでしょうか。
多くが世界中を対象としたオンラインカジノですが、ベラジョンカジノは日本人をメインターゲットに据えていると言っても過言ではありません。
送金サービス等にハードルの高さを感じているものの、オンラインカジノには興味があるという人にはベラジョンカジノはまさにうってつけのオンラインカジノといえるでしょう。

勝ちやすいギャンブルで結果を残す

オンラインカジノは安全なギャンブル

オンラインカジノは安全なギャンブル

オンラインカジノは多くのギャンブルの中でも高い安全性を誇っています。
時々オンラインカジノは安全性に問題があるといった内容のネット記事も見かけますが、それは違法で運営している悪質オンラインカジノのことなので、勘違いしてはいけません。

実際、オンラインカジノを運営するためには、オンラインカジノを合法ギャンブルと認めている海外の政府からライセンスを得なければなりません。
このライセンスを得るための審査は、合法ギャンブルとして認める審査であるため、その審査はとても厳しいものとなっています。
運営会社のこれまでの実績や使用するソフトウェアに対してはもちろん、その他にも決済サービスやサポートに対しても厳しい審査が入ります。
その審査をすべて無事にクリアすることができなければ、ライセンスを得ることができないので、合法運営しているオンラインカジノは安全性において問題ないと考えることができます。

更に、オンラインカジノは運営を開始した時点から、ライセンスを発行した政府の監視下に置かれることになるので、不正行為を働いたり運営の手を緩めたりすると、最悪の場合ライセンスを剥奪されてしまいます。

また、オンラインカジノ業界にはオンラインカジノの安全性をチェックする監査機関が存在します。
大半のオンラインカジノは監査機関によるチェックを受けていて、その監査結果をサイト上にて公開しています。
監査機関はオンラインカジノとは直接関係することのない機関ですので、監査の手を緩めたり、オンラインカジノ側と結託して監査結果に手を加えたりするような不正が行われることは絶対にありません。

このように、オンラインカジノはライセンスを発行した海外の政府からの監視と監査機関によるチェックによって、多くのギャンブルの中でも高い安全性を持ったギャンブルとなっています。

ペイアウト率は驚きの95%超え

ペイアウト率は驚きの95%超え

オンラインカジノは安全なギャンブルであることに加えて、勝ちやすいギャンブルでもあります。
ギャンブルの勝ちやすさの目安となるペイアウト率は95%を超えており、これはギャンブル業界でも断トツナンバーワンの数値です。

ペイアウト率は、払い戻された金額をギャンブルに投じた金額で割り、そこに100を賭けたパーセンテージです。
つまり、ペイアウト率が表す数値は、ギャンブルに投じた金額の何パーセント払い戻されるかを表したものです。
ペイアウト率が100%のギャンブルは投じた金額全額が払い戻されることになりますし、ペイアウト率が50%のギャンブルは投じた金額の半分が払い戻されることになります。

オンラインカジノのペイアウト率は95%以上となっているので、投じた金額のなんと95%以上が払い戻されることになります。
ペイアウト率が100を超えてしまうと胴元側の儲けがなくなってしまうので、ペイアウト率100%以上のギャンブルは存在しません。
つまり、このオンラインカジノの95%というペイアウト率はギャンブルとしてはギリギリ限界の数値といえるのです。

オンラインカジノがこれほどまで高いペイアウト率で運営できているのは、ランドカジノと比べると格安な費用で運営を行えるからです。
ランドカジノの場合、アクセスしやすい一等地に店を構える必要があるため家賃は超が付くほど高額になりますし、ディーラーやボーイをはじめ多くの人材を抱える必要もあります。
また、照明も数え切れないほど必要となりますし、空調も常に快適な状態に保たなければなりません。
そのため、光熱費だけでも莫大な費用を必要とします。

オンラインカジノの場合はランドカジノと比べると大規模な施設も必要なく、人材に関してもそれほど必要としませんし、光熱費に関してもそれは同じです。
こうしてランドカジノと比べて費用を格安に抑えられていることにより、オンラインカジノは100%に近いペイアウト率でも運営することができています。

オンラインカジノのゲームの中でも特にバカラのペイアウト率はとても高く、99%というペイアウト率で提供しているオンラインカジノも少なくはありません。
これほどまでのペイアウト率でプレイすることができれば、投じた資金に対して大きく負けることはまずないので、初めてオンラインカジノを利用した場合でも長くじっくりとゲームを楽しむことができます。

損切りよりも勝ち逃げを考えてプレイする

損切りよりも勝ち逃げを考えてプレイする

ギャンブルを行う際、いくら負けたら止めると損切りについては意識しても、いくら勝ったら止めるという勝ち逃げについては特に考えていない方がほとんどでしょう。
オンラインカジノのペイアウト率がいくら高いからといっても、基本的には胴元側が儲かるようにできているので、長くプレイを続けるほど負けてしまう確率が高くなります。

オンラインカジノのゲームはどれもサウンド、映像共にクオリティが高く、夢中になって楽しむことができますが、ギャンブルを行う以上利益を出さなければ正直元も子もありません。
そのため、損切りよりも勝ち逃げの金額を決める方が重要となります。
場合によっては数ゲームで決めた勝ち逃げの金額に達することもあると思いますが、決めたルールを変えることなくそこでピタリと止めるようにしましょう。

オンラインカジノでは、実際のゲームと内容は同じながらも無料で楽しめる無料ゲームを提供していますので、ゲームを楽しみ足りない場合はそうした無料ゲームを利用し、資金を減らすリスクを避けるようにしましょう。
こうして勝ち逃げを考えながらプレイをすれば、他のどのようなギャンブルよりも勝てる可能性が高くなります。

オンラインカジノに関わる義務と課題

夢のような高配当を得られるチャンスが身近にあるオンラインカジノ。
人気が高いのも、様々な理由が挙げられますがやはり高配当にあるのは間違いないでしょう。

しかしながら、オンラインカジノにもいくつかの「問題点」があります。
ユーザーにとってはさほど意識するものではなく、業界全体として今後、どのように取り組むのかが問われている部分ですが、その点をいくつか挙げてみるとしましょう。

ギャンブル依存症の問題

ギャンブル依存症の問題

ギャンブルといえば、どうしてもギャンブル依存症の問題が避けられません。
昨今、IR法案に関して依存症の問題がクローズアップされましたが、ギャンブルでは依存症の問題が常に隣り合わせです。

オンラインカジノに対してギャンブル依存症の問題が取り沙汰されることはないのですが、まだまだオンラインカジノの知名度が「インターネット上のみ」である点が大きいのではないでしょうか。

IR法案然り、多くの人の注目を集めるようになればなるほど、ギャンブル依存症の問題もまた、クローズアップされるようになります。
その点ではオンラインカジノの人気が高まれば高まるほど、業界全体でギャンブル依存症の問題と向き合わなければならなくなる可能性が高いと言えます。
とは言え、基本的にオンラインカジノは海外の業者になりますので、日本の行政があれこれ言える立場にはありません。

その点では、今後オンラインカジノ業界がどのような形でギャンブル依存症の問題に取り組むのか、国内からも大きな注目を集めています。

法律の問題

法律の問題

オンラインカジノは現状「白」と思われていますが、今後法律がどのような形で変化するかは未知数です。
特にIR法案との兼ね合いは、オンラインカジノ業界としても注目している部分なのではないでしょうか。

かつてはグレーゾーンと揶揄されていたものの、逮捕されたものの起訴に至らなかったという事例から、オンラインカジノは事実上「白認定」されている状態です。
しかし、今後IR法案の登場により、オンラインカジノそのものにも大きな影響を及ぼす可能性もあります。
なぜなら、IR法案はカジノ法案と称されることもあるように、カジノに関しての法案も含まれています。
その点をもって「国内でもカジノが解禁する」とする声もあるのですが、法案を見ると、日本国内には二カ所、カジノを許可するとあります。

つまり、「カジノ特区」ができることになりますので、それ以外のエリアは今後も変わらないどころか、現状、これといってオンラインカジノに対して意識された法律は見当たりません。
とは言え、IR法案によりオンラインカジノ向けと思われる法律が登場する可能性もゼロではありません。

もし仮に、IR法案に「ネット上でも国内ユーザーは利用できない」といったものが付け加えられた場合、オンラインカジノ業界に大きな衝撃が走るのは言うまでもありません。
そもそも、オンラインカジノがグレーゾーンと揶揄されていたのも、法律がオンラインカジノのことを想定していない点にあり、かつ不起訴となったことで「合法になった」というよりも「アウトにしにくい」といった位置付けになったにすぎません。
オンラインカジノのことを想定された法律が登場すれば、さすがに「今まで通り」とはいかないでしょう。

税務に関して

税務に関して

これはオンラインカジノ業界というよりもオンラインカジノユーザーですが、オンラインカジノで得た利益も所得として、課税対象になります。
少々厳しい言い方をすると、得た利益を確定申告しなかった場合、脱税になります。

しかし、多くのユーザーはオンラインカジノはあくまでも「気軽に楽しんでいるだけ」といったもので、年間20万円以上の利益を得たら確定申告しなければならないなどとは、深く考えていないことでしょう。

釈然としないと思うユーザーがいるのも分からない話ではないのですが、残念ながらオンラインカジノの所得も課税対象になります。
しかも累進課税になりますので、自分自身の所得との合算となります。

仮に、確定申告を行わなかったことが露呈した場合、税務署から何らかの指摘を受けることになりますし、既にオンラインカジノで得た利益をすべて使ってしまって支払えない状況であったとしても、税金である以上支払わなければなりません。

この点を徹底するのもまた、オンラインカジノ業界の責務だとの声もありますので、今後どれだけこの点を周知徹底できるのかもまた、オンラインカジノ業界の責務と言えるでしょう。

まとめ

オンラインカジノはとても楽しいコンテンツではありますが、まだまだ法律が追い付いていない部分もあれば、周知徹底できていない部分があるのも事実です。

特に税務に関しては「知らなかった」では済まされない部分もありますので、この点はユーザーも周知しておかなければなりません。

しかし、この点も業界側としてのアクションがあれば周知徹底できますので、やはりオンラインカジノ業界に動きを期待したいところです。

オンラインギャンブルの発展を支えたソフトウェア

何時でも何処からでも場所の制約を気にせずに、ラスベガスやマカオのようなランドカジノ感覚でギャンブルを楽しめるオンラインカジノをご存知でしょうか?

今、オンラインカジノは、世界中のギャンブラーを興奮の渦に巻き込むほどの人気があります。
このオンラインギャンブルがスタートして20年以上が経ちますが、数々のオンラインゲームソフトウェアを作る企業がその牽引役となっていました。
そのおかげでワクワクできる時間を楽しめるのです。

そんな魅力あるゲームソフトを作っている会社にはどんな特徴があるのでしょうか?

プレイテック社

プレイテック社

1999年に設立されたプレイテックという会社があります。
この会社は、オンラインカジノ業界でも若い企業ながらに積極的な事業展開により、世界にその名を広めた業界屈指のソフトウェアプロバイダーと言えます。

設立以降、堅実にカジノサイトからのゲーム採用を取り込み契約数を着実に伸ばしていきました。
その結果、2006年に審査が厳しいと言われているロンドン証券取引所に上場を果たしています。
このことから、同社の高い信頼性が多くのカジノサイトからも認知されることになります。

特に日本人プレイヤーにとっては、完全日本語化しているソフトウェアが認識されており非常に親しみのあるゲームソフトとして、愛好者が増え続けています。
実際にお金を賭けてプレイするギャンブルなので、ゲームの使い方が分かりにくいことはプレイヤーの気持ちを遠ざけるごとになり、大きなハンデとなってしまいます。
しかし、プレイテック社のゲームは完全日本語対応となっているので、誰でも悩むことなくじっくりとゲームに集中してプレイすることができるのです。

オンラインカジノのソフトウェア会社としては、後から説明する業界最大手のマイクロゲーミング社と肩を並べて、シェアを2分するほどの力と強さを持つトップランナー的なソフトウェア会社でもあります。

特筆すべき点としてソフト開発だけでなく、保守・管理まで自社でトータル的に運営していることが挙げられます。
そのために、品質・安全性・公平性が同業他社と比べても群を抜いており多くのカジノサイトから高い信頼を得ているのです。

同社のソフトウェアは、グラフィック性能面だけでなく、サウンド性能も洗練されおりクオリティーの高い作品ばかりになっています。
一見すると、かなりシンプルなイメージがあるのですが、実際にプレイしてするとその理解しやすい画面作りに思わず感動してしまいます。
高画質のグラフィック、臨場感溢れるサウンドで安定した評価を勝ち得ていますので、オンラインギャンブルながらも実際のランドカジノでプレイしているような感覚になり、本物志向のギャンブラーの間で絶賛されています。

その他には、リアルタイムでディーラーとテーブルゲームが楽しめるライブゲームにも力を入れており、ベストなコンディションで使うことができます。
美しさや臨場感を強みにしたプレイテックのゲームを体感すると、もう他のオンラインカジノに変わることがないくらいに楽しみが多いゲームはがりです。

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社

ゲームソフト業者としては、常にトップに君臨しているのがマイクロゲーミング社という会社です。
多くのゲームをリリースしてきた実績は、数多のメジャーカジノからも高い支持を得ています。

マイクロゲーミング社は、イギリスのマン島に本拠地を置いて1994年に設立されたオンラインカジノ専門のソフトウェア会社です。
この時期は、ちょうどオンラインカジノが立ち上がってきた時期でもあり、インターネットの発達ととも発展を遂げてきた企業と言えます。
それだけに業界のことはよく理解しており、オンラインカジノのプレイヤーが世界中で急速に拡大していったのも、マイクロゲーミングの存在が大きいと言えます。

オンラインカジノゲームに対するニーズも年を追うごとに大きくなっていきますが、ゲームプレイヤーの満足度をキープするためには、グラフィクスやサウンドが常に高度なレベルになければなりません。
その点においてマイクロゲーミング社は、ニーズに応えるべく高い技術力を発揮して見事にクオリティーの高いゲーム供給をし続けることにこだわって来たのです。

同社のカジノゲームは、それまで日本語に対応していませんでしたが2005年4月の完全日本語版のソフトが誕生から現在では多言語機能まで対応していることから、世界中のオンラインカジノファンが、マイクロゲーミング系カジノゲームで楽しむことができます。

ゲームの種類数も豊富で往年のカジノファンから高い評価を得ているだけでなく、毎月新作のゲームがリリースされているので、新たなファンも取り込み続けています。
それだけゲーム開発に意欲的なマイクロゲーミングですが、昔にリリースされたゲームの大半が人気作であるので現在でも幅広い年代層のカジノファンがいるのです。

ネットエント社

ネットエント社

ネットエント社は、オンラインカジノのソフトウェア会社として注目株の企業です。
同社はスマホによるオンラインカジノのパイオニア的な存在と言っても過言ではありません。
その所以はノーダウンロードタイプのオンラインゲームを開発した初めての企業でもあるからです。

スマホでオンラインカジノのゲームで賭ける時、端末のストレージ容量を圧迫して大きな負荷をかけてしまいがちです。
それが従来のダウンロードタイプのゲームの課題でした。
しかし、ネットエントのゲームは、スマホでもオンラインカジノゲームをスムーズにスタートさせることができることから、プレイヤーが全くストレスなしにプレイすることができます。
この点に高い評価があるのです。

一方ではオンラインカジノには詐欺サイトが懸念されていますが、悪質なゲームでプレイすることで賭け金を取られたり、確信犯的な画面フリーズで配当金を稼ぐこともできないトラブルが発生しています。
万が一、勝つことができたとしても、払い戻しができない場合もあります。
これに対してネットエントのゲームは、第三者機関の審査を受けているので、ゲーム自体の不正操作を行うことがとても難しい仕様になっています。
そのおかげでネットエント系ゲームは、とても信頼性が高いのです。

ネットエントのソフトウェアなら、信頼の高くて負荷の軽いノーダウンロードゲームでランドカジノでベットしているような雰囲気を味わえるのです。
ネットエントの代表的なゲームと言えば、スターバーストがありますが多くのプレイヤーから高い評価を得ているビデオスロットで、このような魅力的ある新作ゲームが今でも意欲的にリリースされていることも注目点です。