投稿者「stpaulsalumni」のアーカイブ

オンラインカジノは本当に勝てるのか

ギャンブルの中で、抜群の知名度と人気を誇っているオンラインカジノ。
24時間365日稼働しているネットギャンブルで、いつでも何処からでも参加してプレイすることができることから、世界に数千万人ものプレイヤーが熱い視線を注いでいます。
その理由は他のギャンブルと比べて、「勝てる」と言われているからです。
そこでこの記事では、本当にオンラインカジノで勝てるのかを考えて行くことにします。

他のギャンブルより高いペイアウト率

他のギャンブルより高いペイアウト率
オンラインカジノが勝てる・稼げると言われているのは、他のギャンブルと比べてペイアウト率がとても高いことにあります。
そのために、オンラインカジノは、競馬や競輪、パチンコよりも勝てると言われています。
ペイアウト率とは、プレイヤーの賭け金総額に対する配当金の戻り額の比率のことで、オンラインカジノの場合、かなり高いレベルになっています。

90%台を出すオンラインカジノ
競馬や競輪等の公営ギャンブルでは、75%~80%と言われているのですが、オンラインカジノのペイアウト率は95%~98%となっています。
しかも、カジノゲームには、ブラックジャックやバカラやポーカー、ルーレット等様々なカジノゲームがあり、その平均値がこのレベルなのです。
もし、ポーカーのペイアウト率が95%であれば、10,000円を賭けると、ゲームに勝つことで、9500円の配当金がもらえることになります。
但し、この率は平均値なので、勝つプレイヤーもいれば、負けるプレイヤーもいます。
そのためにペイアウト率が低いゲームより、高いゲームを選ぶことが、オンラインカジノで勝つためのポイントの1つになります。
特にブラックジャックは、ゲームの攻め方によっては、99%以上のペイアウト率を出すことも珍しくはありません。
このように90%台のキャンブルは、日本で行われているギャンブルの中では見ることができないレベルなのです。
そのために、オンラインカジノが勝てると言われたり、稼げるという認識があるわけです。

オンラインカジノで勝つためには攻略法が必須

オンラインカジノで勝つためには攻略法が必須
高いペイアウト率を誇るオンラインカジノ。
しかし、いくらペイアウトが高いとは言え、勝ち続けて負けることか全くないわけではありません。
勝つ人もいれば、負ける人がいることも事実。
オンラインカジノで勝ち続けている人でも、そのプレイヤーの人達が100戦100勝となっているわけではありません。
では、どのようにして勝てるようにしているのでしょうか?
それはオンラインカジノのゲームに合わせた攻略法を駆使することです。
実際にオンラインカジノで高い勝率を維持しているプレイヤーは、攻略法(ベッティングシステム)を用いています。
ただ、ベッティングトシステムは、必勝法ではありません。
あくまで、カジノゲームで勝率を限りなく上げていく手段であり、数あるベッティングシステムをゲームの流れに合わせて、プレイヤーが使い分けたり、変化させることで、その人ならではの必勝法を確立しているのです。
この攻略法としては、ブラックジャックのベッティングシステムが有名です。
オンラインカジノで手堅く勝てるようにするためには、ブラックジャックが最適も言われる程です。
そのベッティングシステムは、「ベーシックストラテジー」と「カウンティング」という攻略法です。
この方法を取り入れることで、ブラックジャックのペイアウト率が限りなく100%近くまで高めることができるこです。

他にも勝てる攻略法

ブラックジャックでベーシックストラテジーやカウンティングを用いることで、初心者でもかなり稼げるチャンスが生まれてきます。
この他にも、ルーレットで色々なベーシックシステムが確立されています。
代表的な攻略法の中には、次のようなテクニックがあります。

ココモ法
ココモ法は、ルーレットの攻略法の中で、とても有名な手法です。
具体的には、配当金の倍率が3倍になる賭け方で使うと効果があります。
ココモ法は、3回目のゲームから賭ける金額を変えていきます。
3回まで賭け金を変えないことで敗けが続くと損失金額を減らすことが可能です。
賭け方は2連敗した後から開始して、前回の賭け金と前々回の賭け金合計が、新たな賭け金となります。

フラワーベット法
フラワーベット法は、ルーレットのインサイドベットエリアで賭けた場合に有効なる攻略法です。
ルーレットテーブルの1~36までの数字の中から1つの数字を選び、その数字を中心にして囲むように8ヶ所にチップを置いてベットしていく攻め方です。

この他にも、負けた後のゲームでベット額を2倍にして負け分を取り戻すマーチンゲール法やベアビック法やモンテカルロ法、パーレー法等があります。

稼げる秘訣は勝負する時のルールを作っておくこと

稼げる秘訣は勝負する時のルールを作っておくこと
カジノゲームに合わせたベッティングシステムでペイアウト率を高めたとしても、100%勝ち続けるわけではありません。
オンラインカジノでプレイする時に大切なことは、勝ちと負けの収支状況(黒字・赤字)を常に把握しておき、トータル的に結果的に勝っているかどうかを掴んでおくことです。
前述したココモ法は、勝つまで連敗が多ければそれだけ、この攻め方が成功した時の配当金が大きくなります。
その一方で3倍配当のゲームで使うということは、逆に勝てる確率が低くなります。
そのためにベッティングシステムでも、ゲームの流れを睨みながら、色々な方法を組み合わせて、トータル的な勝率を上げています。
このようにオンラインカジノで勝ち続けている人は、勝負のルールを決めているのです。

勝てる・稼げるためのルール
オンラインカジノで勝てて稼げるようになるためには、次のような観点でルール決めをしておくことが必要です。

●ゲームで勝負する時間・期間を明確に決めておく
●どのゲームで勝負するかを決めておく
●ゲームの流れに沿ったベッティングシステムを使う
●賭け金の額を常に把握しておく
●ベット額の上限額を決めておく
●どこで利益を確定させて、ゲームの終了タイミングを決める
●損した場合の切り上げタイミングを決めておく
●勝負の記録を残し、振り返りをすること
●次回のゲームでプレイする時までに仮説を立てて、実行と検証を繰り返すこと

このようなポイントを整理してゲームに臨むようにしておくことが大切です。

まとめ

オンラインカジノで勝てる・稼げる攻め方でも、100%の勝利を導くことはできません。
しかし、運任せのギャンブルにするのではなく、いかに勝率を高めて勝てるようにすることで、限りなく稼げるギャンブルになるのです。

ココモ法の特徴と実践例

マーチンゲール法の欠点を改善した攻略法

マーチンゲール法の欠点を改善した攻略法

オンラインカジノはカジノをオンラインに移したギャンブルであるため、カジノで使える攻略法を使用することができます。
カジノの攻略法としてもっともその名を知られているのがマーチンゲール法です。
マーチンゲール法は勝負に負けたらベット額を倍にするというシンプルな手法ながらも一度勝つだけで負けをすべて取り戻せるため、負け知らずの攻略法として知られています。
どれだけ連敗が続き損失が膨らんでいても、たった一度の勝利するだけで損失を解消できるというのは大変魅力的なのですが、万が一10連敗まで負けが続いてしまうとベット額は初回ゲーム時の1024倍にまで膨らんでしまいます。

1ドルからスタートしたとしても11ゲーム目では1024ドルもの高額をベットしなければなりませんので、負けが長く続く場合も考え資金に余裕を持たせておく必要があります。
また、各ゲームにはMAXベットが設定されているので、マーチンゲール法を使用している途中でMAXベットに到達してしまうと、そこでマーチンゲール法は終了となってしまうので、その後のゲームの行方次第で大きな損失を抱えてしまうことになりかねません。
ココモ法はこのマーチンゲール法の欠点というべき、連敗時のベット額の上昇を抑えながらも、一度の勝利でこれまでの損失を取り戻せるという魅力的な攻略法です。
しかも勝った時に得られる利益もマーチンゲール法よりも多く、連敗が続く度に勝利時に得られる利益も大きくなっていきます。
こうしたマーチンゲール法の改良版というべき攻略法であることから、ココモ法はカジノプレイヤーたちの間で人気の攻略法となっています。

3倍配当以上のゲームに使用することができる

マーチンゲール法は2倍配当のゲームにしか使用することができませんが、ココモ法は3倍配当以上のゲームに使用することができます。
特におすすめなのが3倍配当のゲームです。
3倍配当を得られるゲームと言えば、ルーレットの1-12、13-24、25-36のどれかにベットするダズンベット、表を縦三つに割ったカラムベットがそれに該当します。
ダズンベット、カラムベット共にルールは簡単でベットしたエリア内の数字が出たら勝ちとなります。
このようにルールもとてもわかりやすいので、ルーレット未経験の方でも不安を感じることなく使用することができるでしょう。

ココモ法の実践例

ココモ法の実践例

3倍配当のゲームに使用し、1ドルから始めた場合の実践例をご紹介します。

ココモ法を使用した際の最初のベット額は1ドルとなります。
負けるとトータル損益は-1ドルとなります。
勝つと損益は+2ドルとなります。

2回目のゲームのベット額も1ドルとなります。
負けるとトータル損益は-2ドルとなります。
勝つと損益は+1ドルとなります。

3回目からベット額は前回+前々回のベット額となります。
ですので3回目のゲームのベット額は2ドルとなります。
負けるとトータル損益は-4ドルとなります。
勝つと損益は+2ドルとなります。

4回目のゲームのベット額は3ドルとなります。
負けるとトータル損益は-7ドルとなります。
勝つと損益は+2ドルとなります。

5回目のゲームのベット額は5ドルとなります。
負けるとトータル損益は-12ドルとなります。
勝つと損益は+3ドルとなります。

6回目のゲームのベット額は8ドルとなります。
負けるとトータル損益は-20ドルとなります。
勝つと損益は+4ドルとなります。

7回目のゲームのベット額は13ドルとなります。
負けるとトータル損益は-33ドルとなります。
勝つと損益は+6ドルとなります。

8回目のゲームのベット額は21ドルとなります。
負けるとトータル損益は-54ドルとなります。
勝つと損益は+9ドルとなります。

9回目のゲームのベット額は34ドルとなります。
負けるとトータル損益は-88ドルとなります。
勝つと損益は+14ドルとなります。

10回目のゲームのベット額は55ドルとなります。
負けるとトータル損益は-143ドルとなります。
勝つと損益は+22ドルとなります。

ココモ法を使用する上での注意点

ココモ法を使用する上での注意点

3回目のゲーム以降は前回+前々回のゲームのベット額をベットすることになるのですが、単純な計算だからといって油断していると計算ミスを起こしてしまう可能性があります。
ココモ法はシステムベットといって、定められた規則に従いベットしていくことで利益を出せる攻略法です。
途中で一つでも計算を間違ってしまうとすべてが狂ってしまい利益へと結びつかなくなってしまいます。

こうした事態に陥ってしまわないようにココモ法を使用する際はメモを取りながら進めていくことをお勧めします。
メモを取りながら進めれば、1ドル、10ドルといったわかりやすい額ではなくてもスムーズに進めていくことができるでしょう。
そして、マーチンゲール法よりもベット額の上昇が緩やかだといっても、スタート時のベット額を大きくしてしまうと早い段階でMAXベットに到達してしまう可能性がありますので、ココモ法を使用する際は事前に何連敗するとMAXベットに到達してしまうのかをシミュレーションしておくようにしましょう。

エコペイズに登場した新しいサービスとは?

多くのオンラインカジノユーザーが活用している送金サービスといえばアイウォレットやエコペイズですが、エコペイズに関して、新機能が登場しました。

エコペイズに登場した新しいサービスとは

エコペイズといえば利便性が高かった「エコカード」(デビットカードのような特徴のカード)がEEA圏外では使えなくなったり、クレジットカードでの入金ができなくなるなど利便性の低下を懸念する声もありましたが、そんなエコペイズに2つの新機能が登場したのをご存知でしょうか?

日本の銀行へのローカル出金対応

これまでエコペイズを活用して出金する場合、基本的には国際送金に頼らざるを得ませんでした。
それでもオンラインカジノで生まれた利益を手にするためには致し方ないものでした。
日本でもエコカードが使えた時にはATMからの即時出金も可能でしたが、エコカードが使えなくなってしまってからは、国際送金のみに頼らざるを得ない状態となってしまった以上、致しかたないものでした。

しかし、この度日本の銀行で出金できるサービスが登場しました。
但し、出金額の1%が手数料となる点に加え、最低手数料が2,000円に設定されています。
20万円以上であれば1%となるのですが、20万円以下の出金の場合に於いても1度の出金で2,000円かかってしまいますので、少額で何度も出金するよりは、一度にまとめて出金した方が良いでしょう。

それでも、決してものすごく高い手数料ではありませんし、何より直接出金という選択肢ができた点は、国内のオンラインカジノユーザーにとってありがたことなのではないでしょうか。

エコバウチャーによる実質的なクレジットカード入金

もう一つ新たに登場したのが「エコバウチャー」と呼ばれるサービスです。
エコバウチャーを購入すると、PINコードが発行されます。
このPINコードはエコペイズに対応しているので、エコペイズの入金画面に入力することで入金を可能にするのですが、エコバウチャーはクレジットカードでの購入が可能です。

VISAやMasterといった国際ブランドだけではなく、JCBにも対応しています。
さらにPaypalやビットコインでの購入も可能なので、入金方法が多様化しました。
もちろんバウチャーを購入してからエコペイズに入金となるので多少手間がかかると考える人もいるかもしれませんが、それでも選択肢が増えた点や、それまでできなかったクレジットカードによる実質的な入金は、魅力的だと感じているユーザーも多いことでしょう。

エコバウチャーによる実質的なクレジットカード入金

なぜ新サービスを用意したのか

エコペイズが新サービスを用意した背景には、送金サービスの競争原理によるものであることが推測されます。
そもそも、送金サービスはオンラインカジノだけのためのものではありません。
国際間の送金を活用する手段として用いられているものですが、送金サービスにとって大きなライバルとされる存在が登場しました。

そうです、仮想通貨です。
ビットコイン等に代表される仮想通貨は、国際間の送金サービスも可能です。
むしろ仮想通貨を活用した方が送金サービスを活用するよりもスピーディーとの声もありますし、オンラインカジノにおいても仮想通貨の存在感が高まってきています。
仮想通貨での入金が可能なオンラインカジノもあれば、入金がビットコインのみというオンラインカジノも登場しています。
もちろんオンラインカジノだけではなく、各方面で「送金サービスを使うなら仮想通貨で」とする動きも出てきていますので、エコペイズとしてもユーザー獲得のために、より利便性の高いサービスの提供が求められたことは容易に想像できるのではないでしょうか。

しかし、このような新サービスの追加はユーザーにとっては選択肢が増えることなので、今後もエコペイズは更なる新しいサービスを用意してくれる可能性もあります。

今後のエコペイズの役割

今後のエコペイズの役割

今後、オンラインカジノユーザーにとってエコペイズに求められる役割はさらなる利便性の拡大であることは言うまでもありません。
例えば直接出金が可能になったとはいえ、まだまだ手数料は安いとは言えません。
しかし、今後競合の送金サービスとの争いによっては手数料が低下することも考えられますし、まだまだユーザーが考えていないような新しいサービスが登場する可能性もあります。
その点では今後、エコペイズがどのようなサービスを打ち出すのかは、オンラインカジノユーザーとしても注視しておくとよいでしょう。

最後に

エコペイズのおかげでオンラインカジノを快適に楽しめている一方で、エコペイズとしては競争原理の中で様々なサービスを打ち出す必要性が出てきています。
オンラインカジノユーザーにとってはエコペイズのライバルはアイウォレットだと考えがちですが、エコペイズにとってはオンラインカジノだけではなく、様々なジャンルでビジネスを行っています。
アイウォレット以外にも、様々なライバルに対抗するために、今後も新しいサービスが登場する可能性は高いです。

ベラジョンカジノが日本人から人気な理由

オンラインカジノは基本的に海外の業者が運営しているもので、日本人だけではなく、世界中のプレイヤーを対象にしたサービスですが、ベラジョンカジノに関しては日本人向けも囁かれています。
なぜ日本人向けとされているのか、特徴と共にリサーチしてみました。

ベラジョンカジノが日本人向けとされている理由

ベラジョンカジノが日本人向けとされている理由

ベラジョンカジノが日本人向け、あるいは日本人でも気軽に楽しめるとされている理由として、以下の2点が挙げられます。

銀行口座への直接送金が可能

一般的に、オンラインカジノを楽しむ際の入出金は、日本人ユーザーの場合送金サービスを活用します。
国内の金融機関からオンラインカジノのアカウントへの入金は不可能でした。
そのため、間に送金サービスを介すことで、アカウントへの入出金を可能にし、オンラインカジノの大きな魅力である高いペイアウトによる一攫千金で手にした大金を「手元」まで運ぶことが可能でした。
しかし、一方で送金サービスの存在をオンラインカジノのハードルの高さに挙げる人も珍しくありませんでした。
それもそのはず、日常生活の中で送金サービスを利用するシチュエーションは、なかなかありません。
海外にコネクションを持っている人、あるいは海外の企業と金銭の授受等のやり取りをしている人であれば話は別ですが、多くの人間にとって、送金サービスは「普段利用することのないサービス」ですので、「オンラインカジノを楽しむためには送金サービスに登録しなければならない」となった時、多くの方が「面倒」「それならいいや」となってしまうことも想像に難くありません。

しかし、ベラジョンカジノに関しては送金サービス不要で、ダイレクトに国内の銀行口座への出金を可能にしています。
送金サービスもまた、多々ありますので、「どの送金サービスを利用すればよいのか」に於いて悩まされる人も珍しくありませんでしたが、ベラジョンカジノであれば送金サービスそのものを利用する必要がなくなります。
また、入金に関しても近年はクレジットカードで入金できないオンラインカジノが増えています。
さらに、ヨーロッパでライセンスを取得しているオンラインカジノの場合、「EUエリア以外のクレジットカードは利用不可」といったように、地域による制限が科せられているケースも珍しくありませんが、ベラジョンカジノであればそれも関係ありません。
つまり、手軽に入出金が可能です。
さらに、1~2営業日での出金が可能なので、日本人プレイヤーにとってありがたい環境となっています。

ベラジョンカジノが日本人向けとされている理由

日本語対応サポートが用意されている

入出金に関してだけでもベラジョンカジノは日本人ユーザーにとってありがたいオンラインカジノですが、もう一点、ベラジョンカジノが「日本人向け」とされている特徴があります。
それは日本語サポートが用意されている点です。
しかも日本時間の11:00から24:00までライブチャットも用意されていますので、会話による質問も可能です。
オンラインカジノはそうそうトラブルやアクシデントが起きるものではありませんが、いざやもしもはいつ起こるかわかりません。
もしもですが、どうしてよいのか分からないことが起きた時、日本語に対応していないオンラインカジノの場合、まずは言葉を翻訳するなりしなければなりません。
その点、ベラジョンカジノであれば時間内であれば日本語で、ましてや文章としてではなくライブチャット、つまり会話にて質問できますので、日本人にとって安心感も高いのではないでしょうか。

利用者が多いからこそ情報を集めやすい

利用者が多いからこそ情報を集めやすい

ベラジョンカジノが日本人向けとされているのは、日本人のために遊びやすい環境を整えてくれているからこそです。
だからこそ、実際に遊んでいる日本人も多いのですが、日本人プレイヤーが多いからこそ、情報を集めやすい点もメリットです。
例えばオンラインカジノの口コミを集めようと思った時、日本語に対応していないオンラインカジノの場合、日本人ユーザーが少ないので、口コミも大抵が異国語。
口コミを調べるためには、どのような口コミなのか翻訳しなければなりません。
その点ベラジョンカジノであれば、日本人ユーザーが多いので、口コミを見つけようと思って少し調べると、日本人の口コミを多数見かけることになります。
つまり、同じ日本人が実際に遊んでどう感じたのかを簡単に調べられます。
まさに相乗効果がもたらすもので、実際に自分がベラジョンカジノで遊んだらどうなるのかを、口コミを集めること出イメージしやすいことでしょう。

まとめ

ベラジョンカジノが日本人向けのオンラインカジノとされているのは、確かな理由があることに気付いていただけたのではないでしょうか。
多くが世界中を対象としたオンラインカジノですが、ベラジョンカジノは日本人をメインターゲットに据えていると言っても過言ではありません。
送金サービス等にハードルの高さを感じているものの、オンラインカジノには興味があるという人にはベラジョンカジノはまさにうってつけのオンラインカジノといえるでしょう。

勝ちやすいギャンブルで結果を残す

オンラインカジノは安全なギャンブル

オンラインカジノは安全なギャンブル

オンラインカジノは多くのギャンブルの中でも高い安全性を誇っています。
時々オンラインカジノは安全性に問題があるといった内容のネット記事も見かけますが、それは違法で運営している悪質オンラインカジノのことなので、勘違いしてはいけません。

実際、オンラインカジノを運営するためには、オンラインカジノを合法ギャンブルと認めている海外の政府からライセンスを得なければなりません。
このライセンスを得るための審査は、合法ギャンブルとして認める審査であるため、その審査はとても厳しいものとなっています。
運営会社のこれまでの実績や使用するソフトウェアに対してはもちろん、その他にも決済サービスやサポートに対しても厳しい審査が入ります。
その審査をすべて無事にクリアすることができなければ、ライセンスを得ることができないので、合法運営しているオンラインカジノは安全性において問題ないと考えることができます。

更に、オンラインカジノは運営を開始した時点から、ライセンスを発行した政府の監視下に置かれることになるので、不正行為を働いたり運営の手を緩めたりすると、最悪の場合ライセンスを剥奪されてしまいます。

また、オンラインカジノ業界にはオンラインカジノの安全性をチェックする監査機関が存在します。
大半のオンラインカジノは監査機関によるチェックを受けていて、その監査結果をサイト上にて公開しています。
監査機関はオンラインカジノとは直接関係することのない機関ですので、監査の手を緩めたり、オンラインカジノ側と結託して監査結果に手を加えたりするような不正が行われることは絶対にありません。

このように、オンラインカジノはライセンスを発行した海外の政府からの監視と監査機関によるチェックによって、多くのギャンブルの中でも高い安全性を持ったギャンブルとなっています。

ペイアウト率は驚きの95%超え

ペイアウト率は驚きの95%超え

オンラインカジノは安全なギャンブルであることに加えて、勝ちやすいギャンブルでもあります。
ギャンブルの勝ちやすさの目安となるペイアウト率は95%を超えており、これはギャンブル業界でも断トツナンバーワンの数値です。

ペイアウト率は、払い戻された金額をギャンブルに投じた金額で割り、そこに100を賭けたパーセンテージです。
つまり、ペイアウト率が表す数値は、ギャンブルに投じた金額の何パーセント払い戻されるかを表したものです。
ペイアウト率が100%のギャンブルは投じた金額全額が払い戻されることになりますし、ペイアウト率が50%のギャンブルは投じた金額の半分が払い戻されることになります。

オンラインカジノのペイアウト率は95%以上となっているので、投じた金額のなんと95%以上が払い戻されることになります。
ペイアウト率が100を超えてしまうと胴元側の儲けがなくなってしまうので、ペイアウト率100%以上のギャンブルは存在しません。
つまり、このオンラインカジノの95%というペイアウト率はギャンブルとしてはギリギリ限界の数値といえるのです。

オンラインカジノがこれほどまで高いペイアウト率で運営できているのは、ランドカジノと比べると格安な費用で運営を行えるからです。
ランドカジノの場合、アクセスしやすい一等地に店を構える必要があるため家賃は超が付くほど高額になりますし、ディーラーやボーイをはじめ多くの人材を抱える必要もあります。
また、照明も数え切れないほど必要となりますし、空調も常に快適な状態に保たなければなりません。
そのため、光熱費だけでも莫大な費用を必要とします。

オンラインカジノの場合はランドカジノと比べると大規模な施設も必要なく、人材に関してもそれほど必要としませんし、光熱費に関してもそれは同じです。
こうしてランドカジノと比べて費用を格安に抑えられていることにより、オンラインカジノは100%に近いペイアウト率でも運営することができています。

オンラインカジノのゲームの中でも特にバカラのペイアウト率はとても高く、99%というペイアウト率で提供しているオンラインカジノも少なくはありません。
これほどまでのペイアウト率でプレイすることができれば、投じた資金に対して大きく負けることはまずないので、初めてオンラインカジノを利用した場合でも長くじっくりとゲームを楽しむことができます。

損切りよりも勝ち逃げを考えてプレイする

損切りよりも勝ち逃げを考えてプレイする

ギャンブルを行う際、いくら負けたら止めると損切りについては意識しても、いくら勝ったら止めるという勝ち逃げについては特に考えていない方がほとんどでしょう。
オンラインカジノのペイアウト率がいくら高いからといっても、基本的には胴元側が儲かるようにできているので、長くプレイを続けるほど負けてしまう確率が高くなります。

オンラインカジノのゲームはどれもサウンド、映像共にクオリティが高く、夢中になって楽しむことができますが、ギャンブルを行う以上利益を出さなければ正直元も子もありません。
そのため、損切りよりも勝ち逃げの金額を決める方が重要となります。
場合によっては数ゲームで決めた勝ち逃げの金額に達することもあると思いますが、決めたルールを変えることなくそこでピタリと止めるようにしましょう。

オンラインカジノでは、実際のゲームと内容は同じながらも無料で楽しめる無料ゲームを提供していますので、ゲームを楽しみ足りない場合はそうした無料ゲームを利用し、資金を減らすリスクを避けるようにしましょう。
こうして勝ち逃げを考えながらプレイをすれば、他のどのようなギャンブルよりも勝てる可能性が高くなります。

オンラインカジノに関わる義務と課題

夢のような高配当を得られるチャンスが身近にあるオンラインカジノ。
人気が高いのも、様々な理由が挙げられますがやはり高配当にあるのは間違いないでしょう。

しかしながら、オンラインカジノにもいくつかの「問題点」があります。
ユーザーにとってはさほど意識するものではなく、業界全体として今後、どのように取り組むのかが問われている部分ですが、その点をいくつか挙げてみるとしましょう。

ギャンブル依存症の問題

ギャンブル依存症の問題

ギャンブルといえば、どうしてもギャンブル依存症の問題が避けられません。
昨今、IR法案に関して依存症の問題がクローズアップされましたが、ギャンブルでは依存症の問題が常に隣り合わせです。

オンラインカジノに対してギャンブル依存症の問題が取り沙汰されることはないのですが、まだまだオンラインカジノの知名度が「インターネット上のみ」である点が大きいのではないでしょうか。

IR法案然り、多くの人の注目を集めるようになればなるほど、ギャンブル依存症の問題もまた、クローズアップされるようになります。
その点ではオンラインカジノの人気が高まれば高まるほど、業界全体でギャンブル依存症の問題と向き合わなければならなくなる可能性が高いと言えます。
とは言え、基本的にオンラインカジノは海外の業者になりますので、日本の行政があれこれ言える立場にはありません。

その点では、今後オンラインカジノ業界がどのような形でギャンブル依存症の問題に取り組むのか、国内からも大きな注目を集めています。

法律の問題

法律の問題

オンラインカジノは現状「白」と思われていますが、今後法律がどのような形で変化するかは未知数です。
特にIR法案との兼ね合いは、オンラインカジノ業界としても注目している部分なのではないでしょうか。

かつてはグレーゾーンと揶揄されていたものの、逮捕されたものの起訴に至らなかったという事例から、オンラインカジノは事実上「白認定」されている状態です。
しかし、今後IR法案の登場により、オンラインカジノそのものにも大きな影響を及ぼす可能性もあります。
なぜなら、IR法案はカジノ法案と称されることもあるように、カジノに関しての法案も含まれています。
その点をもって「国内でもカジノが解禁する」とする声もあるのですが、法案を見ると、日本国内には二カ所、カジノを許可するとあります。

つまり、「カジノ特区」ができることになりますので、それ以外のエリアは今後も変わらないどころか、現状、これといってオンラインカジノに対して意識された法律は見当たりません。
とは言え、IR法案によりオンラインカジノ向けと思われる法律が登場する可能性もゼロではありません。

もし仮に、IR法案に「ネット上でも国内ユーザーは利用できない」といったものが付け加えられた場合、オンラインカジノ業界に大きな衝撃が走るのは言うまでもありません。
そもそも、オンラインカジノがグレーゾーンと揶揄されていたのも、法律がオンラインカジノのことを想定していない点にあり、かつ不起訴となったことで「合法になった」というよりも「アウトにしにくい」といった位置付けになったにすぎません。
オンラインカジノのことを想定された法律が登場すれば、さすがに「今まで通り」とはいかないでしょう。

税務に関して

税務に関して

これはオンラインカジノ業界というよりもオンラインカジノユーザーですが、オンラインカジノで得た利益も所得として、課税対象になります。
少々厳しい言い方をすると、得た利益を確定申告しなかった場合、脱税になります。

しかし、多くのユーザーはオンラインカジノはあくまでも「気軽に楽しんでいるだけ」といったもので、年間20万円以上の利益を得たら確定申告しなければならないなどとは、深く考えていないことでしょう。
釈然としないと思うユーザーがいるのも分からない話ではないのですが、残念ながらオンラインカジノの所得も課税対象になります。
しかも累進課税になりますので、自分自身の所得との合算となります。

仮に、確定申告を行わなかったことが露呈した場合、税務署から何らかの指摘を受けることになりますし、既にオンラインカジノで得た利益をすべて使ってしまって支払えない状況であったとしても、税金である以上支払わなければなりません。

この点を徹底するのもまた、オンラインカジノ業界の責務だとの声もありますので、今後どれだけこの点を周知徹底できるのかもまた、オンラインカジノ業界の責務と言えるでしょう。

まとめ

オンラインカジノはとても楽しいコンテンツではありますが、まだまだ法律が追い付いていない部分もあれば、周知徹底できていない部分があるのも事実です。
特に税務に関しては「知らなかった」では済まされない部分もありますので、この点はユーザーも周知しておかなければなりません。
しかし、この点も業界側としてのアクションがあれば周知徹底できますので、やはりオンラインカジノ業界に動きを期待したいところです。

オンラインギャンブルの発展を支えたソフトウェア

何時でも何処からでも場所の制約を気にせずに、ラスベガスやマカオのようなランドカジノ感覚でギャンブルを楽しめるオンラインカジノをご存知でしょうか?

今、オンラインカジノは、世界中のギャンブラーを興奮の渦に巻き込むほどの人気があります。
このオンラインギャンブルがスタートして20年以上が経ちますが、数々のオンラインゲームソフトウェアを作る企業がその牽引役となっていました。
そのおかげでワクワクできる時間を楽しめるのです。

そんな魅力あるゲームソフトを作っている会社にはどんな特徴があるのでしょうか?

プレイテック社

プレイテック社

1999年に設立されたプレイテックという会社があります。
この会社は、オンラインカジノ業界でも若い企業ながらに積極的な事業展開により、世界にその名を広めた業界屈指のソフトウェアプロバイダーと言えます。

設立以降、堅実にカジノサイトからのゲーム採用を取り込み契約数を着実に伸ばしていきました。
その結果、2006年に審査が厳しいと言われているロンドン証券取引所に上場を果たしています。
このことから、同社の高い信頼性が多くのカジノサイトからも認知されることになります。

特に日本人プレイヤーにとっては、完全日本語化しているソフトウェアが認識されており非常に親しみのあるゲームソフトとして、愛好者が増え続けています。
実際にお金を賭けてプレイするギャンブルなので、ゲームの使い方が分かりにくいことはプレイヤーの気持ちを遠ざけるごとになり、大きなハンデとなってしまいます。
しかし、プレイテック社のゲームは完全日本語対応となっているので、誰でも悩むことなくじっくりとゲームに集中してプレイすることができるのです。

オンラインカジノのソフトウェア会社としては、後から説明する業界最大手のマイクロゲーミング社と肩を並べて、シェアを2分するほどの力と強さを持つトップランナー的なソフトウェア会社でもあります。

特筆すべき点としてソフト開発だけでなく、保守・管理まで自社でトータル的に運営していることが挙げられます。
そのために、品質・安全性・公平性が同業他社と比べても群を抜いており多くのカジノサイトから高い信頼を得ているのです。

同社のソフトウェアは、グラフィック性能面だけでなく、サウンド性能も洗練されおりクオリティーの高い作品ばかりになっています。
一見すると、かなりシンプルなイメージがあるのですが、実際にプレイしてするとその理解しやすい画面作りに思わず感動してしまいます。
高画質のグラフィック、臨場感溢れるサウンドで安定した評価を勝ち得ていますので、オンラインギャンブルながらも実際のランドカジノでプレイしているような感覚になり、本物志向のギャンブラーの間で絶賛されています。

その他には、リアルタイムでディーラーとテーブルゲームが楽しめるライブゲームにも力を入れており、ベストなコンディションで使うことができます。
美しさや臨場感を強みにしたプレイテックのゲームを体感すると、もう他のオンラインカジノに変わることがないくらいに楽しみが多いゲームはがりです。

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社

ゲームソフト業者としては、常にトップに君臨しているのがマイクロゲーミング社という会社です。
多くのゲームをリリースしてきた実績は、数多のメジャーカジノからも高い支持を得ています。

マイクロゲーミング社は、イギリスのマン島に本拠地を置いて1994年に設立されたオンラインカジノ専門のソフトウェア会社です。
この時期は、ちょうどオンラインカジノが立ち上がってきた時期でもあり、インターネットの発達ととも発展を遂げてきた企業と言えます。
それだけに業界のことはよく理解しており、オンラインカジノのプレイヤーが世界中で急速に拡大していったのも、マイクロゲーミングの存在が大きいと言えます。

オンラインカジノゲームに対するニーズも年を追うごとに大きくなっていきますが、ゲームプレイヤーの満足度をキープするためには、グラフィクスやサウンドが常に高度なレベルになければなりません。
その点においてマイクロゲーミング社は、ニーズに応えるべく高い技術力を発揮して見事にクオリティーの高いゲーム供給をし続けることにこだわって来たのです。

同社のカジノゲームは、それまで日本語に対応していませんでしたが2005年4月の完全日本語版のソフトが誕生から現在では多言語機能まで対応していることから、世界中のオンラインカジノファンが、マイクロゲーミング系カジノゲームで楽しむことができます。

ゲームの種類数も豊富で往年のカジノファンから高い評価を得ているだけでなく、毎月新作のゲームがリリースされているので、新たなファンも取り込み続けています。
それだけゲーム開発に意欲的なマイクロゲーミングですが、昔にリリースされたゲームの大半が人気作であるので現在でも幅広い年代層のカジノファンがいるのです。

ネットエント社

ネットエント社

ネットエント社は、オンラインカジノのソフトウェア会社として注目株の企業です。
同社はスマホによるオンラインカジノのパイオニア的な存在と言っても過言ではありません。
その所以はノーダウンロードタイプのオンラインゲームを開発した初めての企業でもあるからです。

スマホでオンラインカジノのゲームで賭ける時、端末のストレージ容量を圧迫して大きな負荷をかけてしまいがちです。
それが従来のダウンロードタイプのゲームの課題でした。
しかし、ネットエントのゲームは、スマホでもオンラインカジノゲームをスムーズにスタートさせることができることから、プレイヤーが全くストレスなしにプレイすることができます。
この点に高い評価があるのです。

一方ではオンラインカジノには詐欺サイトが懸念されていますが、悪質なゲームでプレイすることで賭け金を取られたり、確信犯的な画面フリーズで配当金を稼ぐこともできないトラブルが発生しています。
万が一、勝つことができたとしても、払い戻しができない場合もあります。
これに対してネットエントのゲームは、第三者機関の審査を受けているので、ゲーム自体の不正操作を行うことがとても難しい仕様になっています。
そのおかげでネットエント系ゲームは、とても信頼性が高いのです。

ネットエントのソフトウェアなら、信頼の高くて負荷の軽いノーダウンロードゲームでランドカジノでベットしているような雰囲気を味わえるのです。
ネットエントの代表的なゲームと言えば、スターバーストがありますが多くのプレイヤーから高い評価を得ているビデオスロットで、このような魅力的ある新作ゲームが今でも意欲的にリリースされていることも注目点です。

必要事項の熟知は最低限必要

オンラインカジノの利用には年齢制限がある

オンラインカジノの利用には年齢制限がある

オンラインカジノはパソコンからだけではなくスマホからも手軽に利用できるギャンブルです。
スマホからの利用の場合、スマホのカジノゲームをプレイしているような感覚になるため、オンラインカジノは誰でも利用できると思ってしまいがちですが、オンラインカジノの利用には年齢制限が設けられています。

大半のオンラインカジノは18歳以上から利用可能となっています。
これは日本のパチンコを含むギャンブルと同じです。
万が一18歳未満の方が登録画面で年齢を詐称しプレイした場合、勝ち得た金額を含め出金することが出来なくなってしまいます。

オンラインカジノの多くが、初めの出金の際に本人確認書類の提出を求めてきます。
登録した際の生年月日に偽りがなければまったく問題ないのですが、生年月日に偽りがあり年齢制限に引っかかってしまった場合、資金を出金することが出来なくなります。

オンラインカジノは数あるギャンブルの中でも安全性の高いギャンブルと知られているので、不正利用に対しての処分も厳しくなっています。
また、すべてのオンラインカジノが年齢制限を18歳未満と定めているわけではありません。
中には20歳未満と定めているところもありますので、オンラインカジノを利用する場合は、利用規約内の年齢制限について必ず目を通すようにしましょう。

出金に必要となる本人確認書類

出金に必要となる本人確認書類

オンラインカジノの初めての出金の際、本人確認書類が必要となるので事前に準備をしておくとスムーズに出金を行うことができます。
本人確認書類の提出は基本的にメールにて行います。

必要となる書類をスマホ等のカメラで撮影し、その画像をメールに添付して提出します。
必要となる書類は2つあり、1つは身分を確認するための書類で、もう1つは住所を確認するための書類です。
身分を確認するための書類として利用できるのは、パスポート、マイナンバー、免許証等です。
また住所の確認書類としては、水道、光熱費の領収書、住民票等です。
免許証にプラスして水道・光熱費のどれかの領収書さえ手元にあれば、時間をかけずに本人確認書類の提出を終えることができます。

事前に用意したい理想の軍資金

オンラインカジノを始める上で軍資金をどのくらい用意すればいいのかと悩んでしまう方も多いと思います。
オンラインカジノは少額ベットでもプレイ出来るので10ドル程度の入金でもプレイすることは可能です。
しかし理想としては、各オンラインカジノの初回入金ボーナスに合わせて軍資金を用意するのが一番です。

オンラインカジノではお得にゲームをプレイ出来るボーナスというキャッシュサービスを用意しています。
そのボーナスの中でも最も魅力的なのが初回の入金時にもらうことができる初回入金ボーナスです。
ボーナスの付与率はオンラインカジノによって違いますが、多くのオンラインカジノでは入金した金額の100%、つまり入金額と同じ金額をボーナスとして受け取ることができます。
100ドル入金した場合、200ドルの資金でゲームをプレイすることができるので、大変お得なキャッシュバックサービスとなっています。

ですがこの初回入金ボーナスは上限が設定されています。
300ドル、500ドルとオンラインカジノによって上限が違っています。
ただ、初回入金ボーナスの多いオンラインカジノを選べばいいというわけではありませんが、やはりできることならば多くのボーナスを受け取りたいものです。

オンラインカジノの軍資金はこの初回入金ボーナスの上限に合わせるのが理想です。
初回入金ボーナスの上限が300ドルならば300ドルの入金を、500ドルならば500ドルの入金をと、初回入金ボーナスの上限に合わせて入金するととてもお得にギャンブルを楽しむことができます。

オンライン決済サービスへの登録

オンライン決済サービスへの登録

オンラインカジノには様々な決済サービスが準備されていますが、その中で最も便利で使いやすいのがオンライン決済サービスです。
オンライン決済サービスとは、オンライン口座を開設し、そのオンライン口座を介し資金のやりとりを行えるサービスのことで、最近のオンラインカジノではエコペイズ、アイウォレットが有名となっています。

オンライン決済サービスのメリットは、安い手数料とスピーディーな資金移動です。
国際銀行送金の場合国内の口座への出金には1万円を超える手数料がかかることも多々ありますが、オンライン決済サービスならば2~3千円程度の手数料で済みますし、オンライン決済サービスの口座にクレジットカード等で入金を済ませておけば、オンラインカジノへの入金はほぼリアルタイムで行うことができます。

オンライン決済サービスに事前に登録しておけば、その後オンラインカジノとの間の入出金をスピーディーにこなすことができるようになるので、オンラインカジノを始める場合はオンライン決済サービスへの登録も済ませておきましょう。
また、オンライン決済サービスへの登録には費用は一切かかりませんし、年会費等も必要としませんので、費用のことを気にせず安心して利用することができます。

貰える特典を活用して勝ちを見出す

無料ゲームでもフリースピンが発生する

無料ゲームでもフリースピンが発生する

スロットマシンは必要資金が多くなりがちで、多額の軍資金を用意できないと遊びにくい傾向があります。
そこでスロットマシンで遊ぶ場合は、事前にスロットがどのような動きをするか確認するため、無料ゲームで遊ぶ方法があります。

この無料ゲームですが、基本的に有料プレイと同じような動きをします。
従って無料ゲームではフリースピンも発生しますし、高配当が得られる場合もあります。
高額配当を手にしたいと考えているなら、まずは無料ゲームでスロットマシンの動向をしっかり調べておきましょう。

無料ゲームと有料ゲームの動きは変わらない

無料ゲームはオンラインカジノ側が用意しているチップを使ってゲームを楽しみます。
オンラインカジノ側が用意している仮想チップを使ってゲームをするため、どれだけ多くの金額を稼いだとしても自分のお金にはなりません。
ただ、無料ゲームではスロットマシンの動きを把握できるメリットがあります。
これまで遊んだことのないスロットマシンの動きを確認する手段として、無料ゲームを利用して遊んでみるのもいいでしょう。

無料ゲームでも有料ゲームと同じような動きをするため、場合によっては的中しないで終わってしまうケースがあります。
しかし、無料ゲームの場合は、お金が無くなる寸前で自動的に資金が増えるように設定されています。
つまりどれだけプレイしても、無料ゲームは延々と続けられるのです。

少しでもスロットマシンについて把握しておきたいと考えているなら、無料ゲームで遊び続けて動向を見ておきましょう。
当然ですが、無料ゲームも有料ゲームも同じように大当たりが発生しますので、フリースピンやジャックポット等が発生する場合もあります。
特にフリースピンは高配当を獲得するために重要なポイントですので、できる限り状況を確認しておいた方がいいでしょう。

無料ゲームで把握したフリースピンが有料ゲームで起きてくれれば、場合によっては相当な配当を得られる場合があります。
高額配当のためには無料ゲームでしっかり確認する癖を付けておきましょう。

無料ゲームで試しておけばスロットマシンの癖がわかる

無料ゲームで試しておけばスロットマシンの癖がわかる

無料ゲームでゲーム運びを把握しておけば、スロットマシンが持っている癖もわかってきます。
スロットマシンはソフトウェアを開発している会社によって、そしてスロットマシンのルールによって色々と違いがあります。

中には連鎖させないと大きな配当を得られないようなタイプも用意されていますので、しっかりと癖を確認して遊びやすいものを見つけておきましょう。
自分が遊びやすいと感じるスロットマシンを見つけることが、勝利への第一歩と言えます。

遊びやすいと感じるのは3リールのスロットが多くなっていますが、3リールタイプは的中ラインが1つしか用意されていないものもあります。
的中率の低いスロットマシンは、的中時の配当がかなり多くなるメリットもありますが、反面有料ゲームだとお金がなくなってしまう恐れもあります。
軍資金を使い切らないためには、なるべく的中しやすいスロットマシンを探して選ぶようにしましょう。
同時にスロットマシンで遊び続けられる楽しい演出等も確認したほうがいいでしょう。

オンラインカジノが用意している無料ゲームは、ゲームの動向を確認するために使いやすいものとなります。
知っておけば得をする情報も多数ありますし、もしかすると遊びづらいと感じてしまうスロットマシンを排除できる可能性もあります。
しっかりと遊びやすいスロットマシンを確認し、どのスロットマシンで遊び続けるのが望ましいのか考えておきましょう。
いいスロットマシンを見つけられれば延々とお金を使い続けられる状況が生まれるかもしれません。

スロットマシンは多いのでいろいろと試してみること

スロットマシンは多いのでいろいろと試してみること

オンラインカジノはスロットマシンの数がかなり多くなっているほか、オンラインカジノによっては新しいスロットマシンを次々と導入している場合もあります。
新しいスロットマシンは無料ゲームで試して、どのような傾向を持つオンラインカジノなのかしっかりと見ておきましょう。
オンラインカジノごとの違いはもちろんのこと、用意されているスロットマシンの違いもしっかり理解した上で、最終的にスロットマシンを選んで遊ぶようにしましょう。

オンラインカジノの中には、スロットマシンに大きなボーナスを提供している場合もあり、有料ゲームの場合は多くの軍資金を得られる可能性があります。
しかし、有料ゲームは負ける可能性だって十分にあります。
より勝ちやすい状況を作るためには、まずオンラインカジノの無料ゲームでスロットマシンを把握する癖をつけてください。
勝ちやすいスロットマシンを1つでも見つけられれば、後は有料ゲームに切り替えて延々と遊ぶだけでお金を増やせる場合があります。

ライブ感の創出に役立つ機能

オンラインカジノではリアルタイムでチャットが可能

オンラインカジノではリアルタイムでチャットが可能

オンラインカジノはライブゲームにチャットを導入しています。
チャットは他のユーザーとの交流を深めるために用意されているほか、ディーラーに対して伝えたい内容を連絡できる手段であります。

ディーラーと交流できるのはオンラインカジノならではの魅力であり、何か言いたいことがあればオンラインカジノのディーラーに伝えておくといいでしょう。
チャットは多くのユーザーが利用していますが、何を言っているのかわからないような言葉も多数書かれています。
また、英語で記載しなければディーラーに伝わらない点にも注意してください。

オンラインカジノはチャットで盛んに交流できる

オンラインカジノはチャットで盛んに交流できる

オンラインカジノではチャットを活用して交流ができるようにしています。
チャットの画面はライブゲームにのみ用意されていて、利用する場合はチャット画面をクリックして文字を入力しなければなりません。
用意されているチャットは小さく作られているので、目立たない場所に設置されているために気づかない場合もあります。
どこに配置されているのかしっかりと確認するほか、オンラインカジノで利用する場合はどのような言葉を使えばいいのかも考えてください。

オンラインカジノは海外のサービスですので、利用している人の大半は海外のユーザーです。
日本語は海外ではマイナーな言語でもありますので、利用者の多くがわかりません。
もちろんディーラーもわからないため、ディーラーに感謝を伝えたい場合でも日本語では全く伝わらないのです。
従ってチャットを利用するなら、オンラインカジノで利用できる程度の英語を取得しなければなりませんが、難しい言葉を覚える必要はありません。

チャットを使えばユーザーごとの交流もできますし、ディーラーへの質問だって簡単にできます。
ディーラーが答えてくれるかどうかが重要なポイントではありますが、割と回答してくれるディーラーは多くなっています。
オンラインカジノのチャット機能を使っておけば、より多くの人と交流していい関係を作れるだけでなく、ディーラーの気持ちや裏側を理解できる可能性もあります。
こうした面白さもオンラインカジノの魅力です。

ディーラーはチャット画面を見ている傾向がある

オンラインカジノのディーラーは画面の指示を他の媒体で確認していますが、ライブゲームのチャット画面も同時に確認しています。
チャット画面を見ながら話をしているディーラーも数多くいるので、チャット画面は重要なものと考えてください。
ライブゲームでトラブルが起きている場合などは、ディーラーに相談すると解決される可能性があります。
ただ、ディーラーは英語で話しかけますので、英語が理解できないと何もわからないまま時間が過ぎてしまいます。

チャット画面を見ながらオンラインカジノに関連する話をしたり、ディーラーが回答できる範囲で自分のことを話したりします。
プライベートに関連する話はなかなか聞けませんが、オンラインカジノに関連する話であれば積極的にしてくれる場合があります。
また、ディーラーがどのような方法でゲームを進めているのかも聞き出せれば、攻略法を作りやすいかもしれません。
どのようなディーラーがいるかも含めて、しっかりとチャット画面を見ておくといいでしょう。

ディーラーとしてもチャット画面を見ながら話を進めていかないと、時間が持たない場合もあります。
特にルーレットはゲームをスタートさせるまでに時間がかかってしまうほか、多くのユーザーが一緒にプレイしている場合もあり、処理に時間がかかる場合もあります。
処理に時間がかかっている以上、ディーラーは何とかして場繋ぎをしなければならないのです。
その時に一番便利なのがユーザーとの会話であり、用意されているチャットの画面を見て話をしているのです。

チャット画面を利用して感謝を伝えておくといい

チャット画面を利用して感謝を伝えておくといい

オンラインカジノのゲームでは、ディーラー側がしっかりと頑張って行動しているからこそ、正常にゲームを進められている側面があります。
また、ディーラーとしては何とかしてトラブルフリーでゲームを進められるようにしています。
オンラインカジノのゲームでいい配当を得られるようになったり、ゲームがスムーズに進んで満足できる状況であれば、基本的にゲーム終了時にディーラーに感謝を伝えたほうがいいでしょう。
いい気分でディーラーにも仕事をしてもらえるようにすると、将来的にはいいことがあるかもしれません。

ディーラーも人間ですので、当然チャットの画面にいい言葉が書かれていれば嬉しいと感じるようになるでしょう。
また、ディーラーとしても何も感謝の気持ちがないよりも感謝の気持ちを伝えてくれた方が安心できる部分もあるのです。
ルーレットなど、ディーラーに感謝を伝えられるタイミングがあるなら、できる限りディーラーに感謝を伝えておくようにしましょう。
そしてオンラインカジノから退出し、出金手続き等を考えるのです。