オンラインカジノで使えるモンテカルロ法

オンラインカジノで使えるモンテカルロ法

カジノには古来から、様々な攻略法が開発されてきました。
これらの攻略法は、当然オンラインカジノでも利用できるものが多くあります。

今回紹介するモンテカルロ法も、その1つです。
このモンテカルロ法は、もともと高度な暗記能力を要求されるプロのギャンブラーの攻略法でした。
しかし、オンラインカジノでは、メモが使用できるため初心者でもすぐに実践できる有効な攻略法として知られるようになりました。

モンテカルロ法は、どのようなものなのかを紹介し、パターン別の方法についても解説します。
これを読めば、きっとオンラインカジノでも使えるモンテカルロ法が分かるのではないでしょうか。

それでは紹介していきましょう。

オンラインカジノでも気軽に使えるモンテカルロ法とは

オンラインカジノでも気軽に使えるモンテカルロ法とは

オンラインカジノで気軽に使えるモンテカルロ法とは、一言で言えば数字をメモに書いていき、勝負のたびに数字を消したり足したりしてベットする金額を決める方法です。
具体的には、メモに1.2.3と書き、両端の数を足した金額(この場合は4)をベットします。

そして勝ったら数字を消して、負けたら直前にベットした金額(この場合は4)を足して、次のゲームに臨むというものです。
このベットの金額で勝つことによって、負けた分を回収して利益が出せるという攻略法になります。

少ない出費で負けた金額を回収し、利益を上げられることから、非常に効率のいい攻略法として知られています。

モンテカルロ法の名前も、モンテカルロ(フランス南部にあるモナコ公国の街)にあるカジノをモンテカルロ法で潰した事が由来です。

それだけ破壊力のある攻略法なので、オンラインカジノで使えることはとても意義があります。
ただし、このモンテカルロ法には弱点もあり、それはベットの倍率が2倍または3倍のゲームにしか使えないということです。

これは、ベットする倍率がこれらのいずれかでないと、うまく適切な金額が割り出せないことになります。
そのため、対応しているゲームはルーレットやブラックジャックなどクラシカルなゲームであり、スロットマシンやカードゲームのポーカーには使えません。

そんなモンテカルロ法は、加えて2倍の倍率のゲーム用と3倍の倍率のゲーム用とで分かれているのも特徴です。
次の項目で、それらの方法について解説していきましょう。

オンラインカジノの2倍の倍率のゲームに使うモンテカルロ法

2倍の倍率で使うオンラインカジノのモンテカルロ法は、勝った場合に数字を消す際に両端の1つずつを消すというのが特徴です。
具体的に初回でいきなり勝った場合の消し方、1回負けて次で勝った場合の消し方、そして2回負けて3回目で勝った場合の消し方を紹介しましょう。

最初にメモに1.2.3と書き、これは2倍でも3倍でも共通しています。

まず、1回負けて次で勝った場合は、1と3を消しましょう。
すると2だけになり、この場合両端となる数字がないので最初から1.2.3と書いてやり直します。

次に1回負けて次で勝った場合、これは最初にベットした金額4をメモに書いて1.2.3.4とします。
そして、両端である1と4を足して5(ドルなら5ドル)の金額をベットしましょう。

勝ったら、1と4とを「1つずつ」消して2.3とします。
そして次のゲームでは2と3を足した5で勝負に臨みます。

ちなみに2倍ゲームでは勝ったら、両端の数字を1つずつ消すのがポイントです。

最後に2回負けて3回目で勝った場合の消し方を紹介しましょう。
1.2.3と記載し、負けたら1.2.3.4と書きます。

そして5の金額をベットし、負けたら1.2.3.4.5と追加します。
両端の数字を合計した6の金額でベットし、勝ったら1と5を決して、次の勝負では残った数字の両端2と4を足した6の金額で勝負しましょう。
補足として、ここで勝ったら数字が1つだけになるので終わり、負けてしまった場合は6を追加し、2.3.4.6として2と6を足した8で勝負します。

お気づきかもしれませんが、負ければ負けるほどベットする金額も増えるので、オンラインカジノでモンテカルロ法を使う場合、ある程度余裕を持った資金で勝負するのがおすすめです。

3倍の倍率のゲームにも使えるオンラインカジノのモンテカルロ法

3倍の倍率のゲームにも使えるオンラインカジノのモンテカルロ法

3倍の倍率の場合は、勝った時に消す数字が両端2つになります。
これが大きな違いで、その理由は勝った時の配当金の金額が2倍のゲームよりも大きいことが挙げられます。

そんな3倍の倍率のゲームの初回でいきなり勝った場合の消し方、1回負けて次で勝った場合の消し方、そして2回負けて3回目で勝った場合の消し方も紹介しましょう。

最初に1.2.3と記載し、1と3を足して4をベットします。
そして初回で勝てば、すべての数字が消せるので最初に戻るという流れです。

1回負けて次で勝った場合は、4をベットして負けたので1.2.3.4と記載しましょう。
そして1と4を足した5の金額でベットします。
この勝負に勝てば、両端2つの数字(1.2と3.4、つまりすべての数)が消せるので終わりになります。

最後の2回負けて3回目で勝った場合は、最初の負けで4が追加され、5の金額で勝負して更に負けたので、1.2.3.4.「5」と記載しましょう。
次に1と5を足した6の金額で勝負し、勝ったら両端二つの数字、1と2、4と5を消します。

ここで数字が3のみとなり、両端の数字がなくなるので終わりです。

このように連敗しても、すぐに取り返せるという形になります。
プロは、この流れを頭の中で行いますが、オンラインカジノではメモが使えるので、モンテカルロ法を使う時は、メモを用意して対応しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です