オンラインカジノの雑学」カテゴリーアーカイブ

何事も事前準備が大切

オンラインカジノを始めるためには

オンラインカジノを始めるためには

オンラインカジノは、全世界で人気となっているギャンブルです。
日本ではまだ馴染みはありませんが、海外の諸国では、エンターテイメントとして浸透しており、海外のテレビのコマーシャルで放映されるほどです。

オンラインカジノは日本にいながらも楽しむことができますが、インターネット上で楽しめるという性質上、いくつか設定など準備が必要となります。
そこでオンラインカジノを開始する際には、どのようなものが必要なのでしょうか。

年齢制限と軍資金について

オンラインカジノはギャンブルですので、当然ながら年齢制限があります。
年齢制限は基本的に18歳以上とされていて、オンラインカジノによっては、20歳以上のところもあります。
詳しいことについてはオンラインカジノの規約で確認をするようにしましょう。

オンラインカジノの開始をするためには、さらに軍資金が必要となります。
無料ゲームも用意されていますが、それだけではやはり物足りません。
実際にリアルマネーをかけるために軍資金を用意しておきましょう。
大体の目安ですが、10万円ほど用意しておくことが望ましいです。
オンラインカジノは少ない賭け金でも問題なく、数セントから賭けることができて、プレイヤーが任意で設定することができます。
しかし、あまりにも少なすぎるとすぐに資金が尽きてしまい、ゲームがすぐに終わってしまいます。
軍資金がある程度あれば、余裕資金としてゲームが楽しめますし、ボーナスが入ります。

入金ボーナスの存在は大きいものですので、ある程度オンラインカジノを始める際に軍資金を用意しておくようにしましょう。
しかし、あくまでも遊びの範疇という形で無理をしすぎないことが大切なのです。

クレジットカードが必需品となる

クレジットカードが必需品となる

オンラインカジノでは、クレジットカードが必需品となります。
その理由としてエコペイズと言った電子決済サービスを利用するにしても、チップ購入をする際にクレジットカードが必要だからです。
VISAカードが最も通用しやすいですが、最近では、MasterCardやJCBなども使えるようになっています。

クレジットカードでの支払いについて知っておくべきこととして、クレジットカード会社側が規制を設けていることによって、オンラインカジノで使えないケースが多いということです。
もしも、カード会社側の問題で使えなければ、別のカードに交換をしてみて試す必要があります。
このため、複数枚を用意しておくようにしましょう。

身分証明書とスキャナーの準備が必要

オンラインカジノでは、払い戻しの際に、本人確認書類が必要となります。
初回の払い戻しでなくても、定期的に口座の確認のために、本人確認書類が必要になることがあるので、用意をしておきましょう。
この場合、カジノの最初のアカウント登録で、氏名と住所に違いがあれば、払い戻しができませんので、注意をしましょう。
本人確認書類には、運転免許証や公共料金の明細書などがありますが、海外のオンラインカジノで、通用しやすいのがパスポートです。
また、住所確認ができる必要がありますので、2つ程度用意しておくことが望ましく、パスポートの場合も公共料金の明細書が必要となることがあります。

また、身分証明書の提出ですが、はっきりとした画像をメールで添付する必要がありますので、スキャナーを用意しておくことが望ましいです。
高価なものは必要なく、1万円程度のもので十分です。

インターネットバンキングの口座

インターネットバンキングの口座

オンラインカジノを始める際には、インターネットバンキング口座があれば便利です。
これはなぜかというと、インターネットバンキング口座があれば、外貨のまま預貯金をすることができますし、オンラインカジノから銀行送金をする際にも便利だからです。

大手の銀行のインターネットバンキングを用意しておくことによって、入出金もスムーズですし、オンラインカジノで得たお金を貯めておくということも可能です。

エコペイズの口座を作成しておくと便利

オンラインカジノで多く採用されているのが「エコペイズ」という電子決済サービスです。
エコペイズのアカウントがあれば、複数のオンラインカジノに登録をしていても入出金の管理が一本化できて大変便利です。
また、エコペイズのアカウントがあれば出金がスムーズです。
クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードに対応をしているオンラインカジノは多いですが、これらは入金にしか対応をしていません。
このため、どちらもが可能なエコペイズがあれば便利です。

エコペイズの口座開設は日本語対応をしている上アカウントの作成は数分で可能です。
登録の際も手間がかからず、大変便利です。
長くオンラインカジノで遊びたい場合には、同時にエコペイズの口座を作成しておくことをおすすめします。

また、エコペイズと同じような電子決済サービスとして「アイウォレット」もあります。

出来るだけ安全にギャンブルを愉しむ

最近では若い人達だけでなく、40代・50代の人達でも、スマホをよく利用するようになってきました。
スマホがあれば、インターネットを利用したり、写メを撮ったりと、色々な使い道があって、とても便利です。

ゲームもスマホでやるのが、スマホの使い方の1つです。
この数年のうちにオンラインカジノが爆発的に伸びていたのも、スマホの普及があったからこそです。
それまでパソコン中心のオンラインカジノの利用だったのが、スマホのおかげで対応するサイトも段々と増えてきて、自分の好きな時にプレイすることができるようになりました。
インターネットがつながるのであれば、今すぐにでもギャンブルを楽しめるのですから。

そもそもオンラインカジノって、どんなものか?

オンラインカジノって、どんなものか?

“オンライン”という名前が付くので、すぐにお分かりかと思いますが、単なるオンラインゲームでありません。
ネット対戦ゲームやシミュレーションゲームに近い感覚で楽しむことができますが、実際にお金を賭けて配当金がもらえる点が最も異なってきます。

オンラインとは言えど、臨場感満載のゲームコンテンツ

オンラインとは言え、ゲームコンテンツの質の高さには目を見張るものがあります。
カジノ定番のスロットやカードゲームでは、高精細のコンピュータグラフィックで表現されたコンテンツがあまりにも美しすぎて、バーチャルとは思えないほどのリアリティさを醸し出しています。
しかし最近では、さらにその質感を上回るライブカジノが、オンラインカジノのサイトで遊べるようになってきました。
ライブカメラで撮影されているディーラーが、あたかも自分の目の前にカードを配ったり、ルーレットを回している光景がリアルタイムで配信されてきます。

パソコンやスマホでその画面を見ながらプレイする様は、本当にカジノ場でプレイしている感覚になるので、気分は嫌がおうでもギャンブルモードになってしまうわけです。
これだけ楽しいオンラインカジノでは、時間が経つのを忘れるくらいに夢中になれるのですが、ふと不安がよぎることもあります。
「安全に楽しめるの?」
ということです。

怪しいカジノサイトには近づかない

怪しいカジノサイトには近づかない

中には、怪しいカジノサイトがあることも事実です。
オンラインカジノは、世界中に、1,000サイト以上もあると言われています。
これだけのカジノサイトがあれば、怖いサイトもあります。
例えば、入金後に全く動かなくなるサイトです。

会員登録や賭け金の入金処理が問題なくできたので、ホッとするのも束の間、プレイする段階になって画面がフリーズしてしまい、全く動かない詐欺的なサイトがあるのです。

「騙された。」
と悔しい出来事となるのは、決して他人事ではありません。
このようなトラブルを避けて信頼の高いサイトを見極めることが、まず始めに押さえておくべきポイントなのです。

信頼のあるオンラインカジノを見定める

悪質なサイトに捕まらないためには、健全なオンラインカジノを見極めることです。
目安となるのは、ライセンスの有無。

ライセンスとは、オンラインカジノ運営営許可証のことです。
日本では、ギャンブル自体が法的に整っていないので対象外ですが、海外の賭博を法的に認めている国々が発行するライセンスが一般的です。
有名な国としては、イギリスやジブラルタル、マルタ共和国、マン島が挙げられます。
これ等の国では、オンラインカジノの審査がとても厳しいので有名です。

審査期間は、半年間程かかることも珍しくなく、ライセンス取得後も公的審査機関からの不定期検査も受けなくてはなりません。
もし審査に通らないと、即座にライセンス失効となってしまいます。
厳しい審査に合格したオンラインカジノで、安心してプレイすることができるのもそのためです。

発行国にも注意

発行国にも注意

但し、ライセンスを取得しているオンラインカジノだからと言って、安心するのは早計な時もあります。
発行国の中には、審査が甘い所もあるからです。
特に南米周辺地域の国では、審査は甘く、ここで発行されたライセンスを持つオンラインカジノを不安視するひともいます。
できるだけこれらのサイトは避けるべきです。

オンラインカジノの選び方によって大安心度が変わるので、サイトに掲載されているライセンスをきちんと確認しておくことです。

オンラインカジノの合法性

安全にプレイする点では、合法性・違法性に対する理解も必要です。
日本国内で合法的なギャンブルは、競馬・競輪・宝くじ関係に限定されています。
それ以外の賭博は、国内で行うと賭博罪の対象となりますが、オンラインカジノになると少し事情が異なってきます。

オンラインカジノが運営されているのは海外。
そこで運営されているサイトでプレイする場合、インターネットでアクセスする必要がありますが、国内でプレイしているとは、見なされないのです。
このことからオンラインカジノでプレイしていても、賭博罪が適用しづらいのです。
なぜならオンラインカジノを取り締まる規制する法律がないのです。

しかし、違法ではないものの合法的でもないというグレーゾーン的な位置にあるのです。
それでもオンラインカジノで賭けることが可能なのですから、思いっきり楽しまなければもったいないということです。

海外製だが日本人でも遊びやすい

オンラインカジノとはその名前の通り、オンラインで楽しむことのできるカジノです。
自宅のパソコンやスマートフォンなど、どこからでも場所を選ばずにインターネットを通じてカジノを楽しむことができます。

通常のカジノと比べて運営コストが安いことから、カジノによくあるようなスロットやカードゲーム以外にもたくさんの種類のゲームが用意されていたりするのも特徴です。
ただしテレビやパソコンのゲームと違って、実際のお金を使って遊ぶ形になります。
ゲーム感覚で自宅などから誰でも参加できる、本場のカジノと考えると分かりやすいと思います。

オンラインカジノって違法じゃないの?

オンラインカジノって違法じゃないの?

ギャンブルに対してあまりいいイメージがなく、中毒性も高いという理由から日本でカジノを経営すると賭博罪として捕まってしまいます。
ですがそれは日本に限ったことで、ご存知のようにラスベガスを始め世界には現金をかけてプレイできるカジノはたくさんあります。
これらが違法かというと全くそういうことはなく、しっかりとそれぞれの国の許可を得て運営されているので合法です。

ではオンラインカジノはどうかというと、日本国内でオンラインカジノを運営しようと思った場合は違法行為にあたります。
ですがしっかりその国の認可を得て運営されているオンラインカジノを日本でプレイすることは違法ではありません。

と言い切ってみましたが、実際は100%安全という意味ではなく、過去には国内プレイヤーが摘発されるということもなくはありませんでした。
しかしそれが「不起訴」となって移行は摘発されることもなくなりました。
いわゆるグレーゾーンにあたる部分かとは思われますが、違法かという問いに対してはNOといってよいと思われます。

オンラインカジノの運営システム

前述の通りオンラインカジノは日本国内のサービスではなく、国外で認可を受けて運営しているサイトを使って遊ぶカジノになります。
ただし日本人が海外のサービスを遊ぶだけというかたちではなく、一般的にはその間に日本の企業が仲介として入って、国内サーバーの管理やサイトの日本語化など日本人ユーザーが遊びやすいようにお手伝いしています。

仲介業者はカジノの運営会社と提携して報酬をもらいながら運営していくというかたちになっています。
入出金に関しては、カジノ会社と直接取り引きせずに決済業者を介して行うため、国外通過でも不便に感じることなくプレイできるようになっています。

オンラインだからといってインチキはない

オンラインカジノ会社の多くは、ゲームのソフトウェアを専門のソフトウェア会社から提供してもらって運営しています。
カジノは公平な条件で行っていないと詐欺行為に当たるため、使用しているソフトは専門の審査機関が入念にチェックするようになっています。
もちろん実際に使用されているソフトウェアに関してもしっかりとチェックが入った上で営業しているため、詐欺行為やインチキなどは一切ないといってよいです。

オンラインだからといってインチキはない

そういった事を全てクリアして必要なライセンスを全て取得した上で、オンラインカジノ会社は運営されています。

高いペイアウト率とゲーム性が魅力

オンラインカジノの一番の魅力といえばペイアウト率が高いことです。
カジノ以外でもそうですが、勝てば楽しいですが負ければ面白くはありません。
日本にも色々なギャンブルがありますが、もっともペイアウト率が高いといわれるパチンコやパチスロでも85%弱程ですが、オンラインカジノは95%前後と非常に高くなっているので損をしづらく得をしやすいのが最大の魅力です。

また、ポーカーやルーレットなどのカジノによくあるようなゲーム以外にも、クラップスやキノなどを始めあまり見ないようなゲームまで、自分の好きなゲームで遊べるのがオンラインカジノの魅力です。
特にポーカーやバカラなどは1つのゲームでも様々な種類があって、実際のカジノではそれら全てを自由に遊べることは少ないですが、オンラインカジノなら色々なゲームを遊ぶことができます。

いつでもプレイできて大金を稼げる可能性が高い

オンラインカジノのもう一つの魅力はいつでもプレイが可能というところです。

例えば競馬などと比べると、馬が走ってくれないと賭けることはできません。
パチンコやパチスロも営業時間内しか遊ぶことはできません。
宝くじに至っては高額配当のものは年に数回しかなかったりもします。

いつでもプレイできて大金を稼げる可能性が高い

しかしオンラインカジノでは24時間いつでもプレイすることができるため、こちらが時間に合わせることなく好きなタイミングで楽しむことができます。
もちろんゲームとは違って現金による取引となっており、他のギャンブルと比べてペイアウト率が非常に高いため稼ぎやすくもなっています。

オンラインカジノならではの注意点

いつでも誰でも気軽にプレイできて楽しめるオンラインカジノですが、注意しなければならないこともあります。
その1つは、オンラインカジノで稼いだお金には税金が発生するということです。

ギャンブルで稼いだお金は一時所得とみなされるため課税対象になります。
実は競馬やパチンコで稼いだお金もこれにあたり、本来ならば納税の義務は発生しています。
ただしそれらは銀行を通さずに直接現金を受け取ることができるようなシステムになっているため、グレーゾーンとなっており深く追求されるようなことはまずありません。

それに対してオンラインカジノは、銀行などの金融機関を介してお金のやり取りをするため記録に残ってしまうためどうしても税金がかかってしまうこととなります。

安全だが注意が必要なギャンブル

オンラインカジノとはどんなもの?

オンラインカジノとはどんなもの?

オンラインカジノは、インターネットで出来る、気軽なネットカジノを指します。
元々、カジノはヨーロッパでは古くからの歴史があり、大人たちの社交場、もしくは賭博場の一つとして、親しまれてきました。
これらのギャンブルがオンライン上で手軽に楽しめるようになったのが、オンラインカジノです。

オンラインカジノは、海外の業者によって運営されていて、日本ではまだ馴染みはありませんが、世界中で親しまれているギャンブルの一種です。
パソコン、スマートフォン、タブレット端末で手軽に楽しめて、実際にリアルマネーを賭けることが出来るという面白さがあります。
スリリングなラスベガスや、マカオなどのカジノの世界をそっくりそのまま体験できるので、海外旅行気分も楽しめてしまいます。

オンラインカジノの運営と仕組み

オンラインカジノの運営、そして仕組みですが、オンラインカジノは、海外では一流企業によって運営されており、株式市場上場の、有名企業がオンラインカジノ事業に取り組んでいます。
オンラインカジノの運営業者は、世界的に知名度のある会社ばかりが名を連ねており、映画作品とのタイアップゲームを手がけていたり、また有名なスポーツチームのスポンサーを務めていたりします。

オンラインカジノの運営業者は、カジノが合法とされている、イギリスやフィリピン、ジブラルタルやマン島といった国々において、政府から正式に、ライセンスを発行されて、免許を所持して運営しています。
その監査は非常に厳格で、これをクリアしなければ、オンラインカジノをそもそも運営することが出来ません。
企業の健全性や、その経緯、現在なども調査され、さらにゲームに不正がないかなども審査されます。半年以上の月日をかけて、ようやくライセンスを取得することが出来るといったもので、高いライセンス料を支払う必要があります。

オンラインカジノ事業者は、このように長い月日をかけて、高額なライセンス料を支払い、そしてオンラインカジノ運営を行っていますので、信頼性は抜群となっています。
そもそも、オンラインカジノを運営することで、自動的に儲かる仕組みになってしまうので、オンラインカジノ業者側に不正やインチキをするメリットがないわけです。
このように、オンラインカジノの運営業者に関しては、大手のサイトを選べば、信頼性は問題ないと考えられます。

オンラインカジノが持つその魅力

オンラインカジノが持つその魅力

オンラインカジノには、数多くの魅力があります。

まず、24時間365日いつでも楽しめるというのが大きな魅力です。
他のギャンブルで、このように「好きな時にいつでも楽しめる」というギャンブルはほぼありません。
お店に出向かなければならなかったり、開催日や営業時間が決まっているのが、日本の公営ギャンブルです。
ところが、オンラインカジノに関しては、こういったことを気にせず、自分の都合の良い時間帯、日にちに遊べますので、自分スタイルで楽しめてしまいます。

また、自宅で楽しめるので、自宅がカジノになるという喜びもあります。
オンラインカジノは、パソコンで手軽にプレイが出来ますので、どこかに行く必要もなければ、場所を問わずにプレイが出来ます。その点でもとても手軽ですし、自分が集中して楽しみたいときに、一人で楽しめます。
誰に見られることもありませんし、内緒でこっそりと楽しむ事も出来るのです。ギャンブルでありながら、スマホゲームのように、黙々と楽しめる、新しいゲームなのです。

オンラインカジノの違法性・合法性

オンラインカジノの違法性、合法性については、専門家の間でも見解が分かれており、一概にどちらという風に言い切れない状態で、グレイゾーンであるとされています。
オンラインカジノは、海外の業者が運営をしているため、日本国内から、海外のサーバーにアクセスして、そしてゲームをプレイするというギャンブルになります。
つまり、外国で日本人がカジノで遊んでいるのと同じことになります。

日本の法律で罰することは難しいので、現在、オンラインカジノで遊んだからといって、摘発されてしまう可能性はほとんどありません。
しかし、違法カジノや、インカジなどの店舗型のお店になると、完全に賭博罪になり、摘発の対象となります。カジノの選定は慎重に行うようにしましょう。

オンラインカジノの問題点とは?

オンラインカジノの問題点とは?

オンラインカジノの問題点ですが、このように、大手のオンラインカジノは信頼性が確立されているものの、全てのオンラインカジノが安全ではないという点が未だに問題とされています。
中には悪質なオンラインカジノもあり、不正が行われていたり、またスパム広告をブログに貼り付けるといった、違法カジノも存在します。
こういったカジノは、最近では、淘汰されつつありますが、気をつける必要があります。

また、オンラインカジノも他のギャンブルと同じくギャンブル依存症となるケースもあり、限度額を超えてプレイをしてしまうプレイヤーも増えています。このあたりも、気をつける必要があります。

より良いプレイ環境に向けた取り組み

無数のソフトウェア

提供するゲームの多さ

インターネット上でサービスを提供しているオンラインカジノは、より多くのゲームを導入するために、あらゆるソフトウェアの会社と契約を行おうと検討しています。ソフトウェアの会社によって、作っているゲームは異なっていますから、より多くのゲームを導入したいなら、色々な会社に交渉しなければなりません。

大手のカジノにはゲームが多い

オンラインカジノの規模は、ゲームの多さによっても決まっています。大手と言われているベラジョンカジノは、ゲームの種類が1000以上あり、非常に多くのゲームをプレイできます。一方で新規参入しているオンラインカジノの場合は、100くらいしかゲームが用意されていません。中にはルーレットのように、プレイできるゲームが1つしか用意されないケースもあります。
大手と言えるオンラインカジノは、多くのソフトウェア会社と契約を結んでいるので、色々なゲームを提供してもらい、サーバーにアップロードできます。ユーザーは、新しいゲームを見つけた場合には、無料ゲームで確認して感触を確かめ、いいゲームだと思えば実際にお金を入れてプレイすることが可能です。
小さいオンラインカジノの場合、1つの会社としか提携していない傾向があります。提携している会社が多ければ多いほど、提供される新作ゲームは多くありますから、オンラインカジノの規模も大きなものへと変わっていくのです。

無数のカジノゲーム

ソフトウェア会社と交渉を進める

新しいソフトウェア会社もどんどん参入して、オンラインカジノの事業を盛り上げています。オンラインカジノは、今でもソフトウェアとの交渉を進めていて、新しい会社からゲームを受け取れないか検討しています。プレイテックやマイクロゲーミングのように、大手とされているソフトウェア会社だけでなく、他の会社とも契約して新しいゲームを作ってもらうのです。
新作ゲームを準備できない場合、新しいゲームが入っていないことで不信感を与えてしまいます。オンラインカジノの更新が頻繁に行われていない場合、運営されていないのではないか、出金対応がされるのか不安だと感じられて、利用者が減少していくのです。
オンラインカジノは、今後のためにも契約している会社を増やすように考えていますし、オンラインカジノ側の要求にソフトウェアの会社も応えるようにして、多くのゲームを作っています。色々なジャンルのゲームを作って、新作ゲームを次々と提供できるのです。

誰もが遊べるわけではない

オンラインカジノには、年齢制限が設けられています。年齢制限を付けていなかった場合、未成年が勝手にオンラインカジノで遊んでしまいます。未成年は、そもそもギャンブルに参加することができませんので、オンラインカジノにおいてもしっかり制限して未成年が遊べないようにしています。

年連確認

オンラインカジノの年齢確認

ネット上で年齢確認を行う方法は非常に難しく、本当にその年齢なのかがわかりづらい部分もあります。オンラインカジノの場合は、年齢制限での違反を取り締まるために、年齢確認を出金する場合に実施しています。
オンラインカジノへ登録する場合に、年齢を偽っている場合でも、身分証明を確認することで対応しているのです。身分証明に書かれている年齢と、オンラインカジノへ登録されている年齢が異なっている場合、オンラインカジノでのアカウントがおかしいと判断できます。全ての項目が揃っていない限り、オンラインカジノは出金対応を行いませんので、未成年者はオンラインカジノから出金できないのです。
登録しているアカウントの内容を確認する作業は、なかなかネット上では難しいものです。ただ、出金などの重要な項目に対して、身分証明を出してもらえれば直ぐに確認は取れます。

未成年者がなかなかオンラインカジノを遊べないのは、若しオンラインカジノで儲けたとしても引き出すことが出来ないことが大きな理由の一つと言えます。

アカウント凍結

カジノのアカウント凍結も

もし年齢を偽っていたことが判明した場合、もしくは身分証明書の改ざんなどを行って、本来の情報とは異なるものを提示した場合など、色々な問題が起きた場合は、アカウントの凍結も行います。アカウントへのログインを停止させるだけでなく、削除する前の最終段階として、全ての行為が停止されるようになります。
アカウントの凍結は、ユーザーが求めれば解除してくれる可能性もあります。また、アカウント自体は一定の期間でログインが可能になっているので、時間が経過すればオンラインカジノへログインできるようになります。ただ、未成年だとわかった場合には、永久的に凍結していることが多いです。
アカウントの凍結が実施されてしまった場合は、もうログインできないものと考えてください。オンラインカジノは、未成年が遊んでいた場合には厳しい措置を取っています。解除されることは永久になく、ログインをできない状況を作った後で、一定の期間が経過したらアカウントごと削除されることもあります。