オンカジ専用とも言うべき攻略法

モンテカルロ法にはパソコンを使おう

モンテカルロ法にはパソコンを使おう

もしモンテカルロ法を利用したいなら、パソコンを使ったほうがいいです。
オンラインカジノはスマホでもプレイできる環境となりましたが、メモを取らなければならないモンテカルロ法はスマホでは難しいです。
またパソコンを使っていれば、メモ帳を使って入力できるので、オンラインカジノをプレイしながらパソコン上でモンテカルロ法を活用できます。

〇パソコンのメモ帳を活用できる

パソコンを使ったほうがいい理由として、メモ帳が最初から準備されている部分です。
メモ帳の機能を使えば、ペンを使わなくても普通に作業が可能となります。
メモ帳に数字を入力して、外れたら数字を追加、当たったらルールに沿って消していく形を取ります。
これなら簡単にモンテカルロ法を活用できますし、ルールとしても難しいことはありませんので、安心してプレイできるでしょう。

メモ帳が付けられているパソコンじゃなければ、プレイは難しくなります。
スマホの場合、オンラインカジノとメモの画面を一緒にすることはできません。
つまり入力したいと思う時に、また画面を切り替えなければなりませんから、パソコンのほうが便利です。
処理の速さもパソコンのほうが少し有利ですから、オンラインカジノをプレイするならパソコンを使ってください。

〇パソコンの画面の前で手書きのメモを使うのもいい

どうしてもメモ帳に切り替えるのが面倒なら、パソコンの画面の前で手書きのメモを用意して、モンテカルロ法のルールを書いていきます。
こちらでも使いやすいですし、むしろ手を動かしている分だけ思考力も高まるようになります。
この方法はかなり使いやすいので、パソコンを使う場合でも手書きのメモを用意することも考えてほしいです。

オンラインカジノをプレイしていると、どうしてもパソコンの画面で全てを処理したくなります。
実際に処理している方も多くなっていますが、処理できる範囲が小さい場合や、時間がかかってしまいます。
手書きのメモを準備していれば、終わったらすぐにペンを使ってモンテカルロ法の準備ができますので、少しだけ早くできる場合もあります。

パソコンの場合は、少しだけメモを取れるようなスペースが用意されているはずです。
ここでしっかりとスペースを使いつつメモを書いていれば問題ありません。
オンラインカジノでは、モンテカルロ法を活用する方法をうまく考えなければなりません。
メモを取りやすい方法を使うためには、どうしてもパソコンのほうが優れています。

オンラインカジノのディーラーはモンテカルロ法を知っている

オンラインカジノのディーラーはモンテカルロ法を知っている

ディーラー側は、色々な攻略法が使われていることも知っています。
そのルールに沿ってしっかりと考えているので、オンラインカジノでは通用しないのではと考えられています。
モンテカルロ法もその1つであり、初回の金額が4ドルと考えられれば、口には出しませんがモンテカルロ法を使っていると判断しています。
ディーラーはなんでもお見通しなのです。

〇ディーラーはこれまでの経験からだいたいわかっている

モンテカルロ法を使っている場合は、最初の金額が必ず4ドルになります。
もしくは4の倍数によってスタートするので、最初の金額を変更させたとしても、次の金額がモンテカルロ法のルールに沿って増えていくので、結果的に行っている情報がわかってしまいます。

オンラインカジノのディーラーは、ある程度攻略法を理解していますので、攻略法を使って挑戦してきたかわかります。
ライブゲームをプレイしているなら、その傾向をしっかりと判断してプレイしているのです。

何度も経験していることで、オンラインカジノで行われている攻略法は身を持って知っています。
完全に勝たれてしまった攻略法だってわかっていますので、ディーラーはそれを判断してプレイを進めていきます。

勝てないように調整したり、イカサマを行うことは全くありませんが、少しルーレットの回転数を減らすなどして、落とす場所を変えてみるなどの方法は取られます。

モンテカルロ法は、ルールがわかりやすいことで、オンラインカジノを運営しているディーラーにとってはすぐに判断できる手法です。
メモを見られないのはいいですが、ベットしている方法がわかりやすいため、ある程度時間が経過すればモンテカルロ法で勝負をしているのはわかってしまいます。


〇ディーラーは口には出さず結果を出す

ディーラー側は、モンテカルロ法を使っていても通常通りにプレイしなければなりません。
もし勝手なことをして、オンラインカジノに不利益が増えてしまえば、これではディーラーとして使ってもらえません。
女性のディーラーは、どれだけ攻略法を使われていても、普通のプレイを続けないと駄目なのです。

もし抵抗しているのであれば、ルーレットの結果を少しだけ変化できるようにする工夫です。
ボールを少し弱くしたり、ルーレットの台を弱く回転させるなどして、結果を変えている場合もあります。
それでも微々たる違いですし、イカサマとは全く違うことですから、変化というわけではないと思ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です